笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バルーンの死因について

 
 
 

Rin(動物看護士)さんのコメントをたくさんの人が読まれたと思います。

読んだ人に与える影響が大きいこと、
事実ではないことが書かれていること、
返事が長文になるのでコメント欄ではなく記事として書きます。

コメントは鍵コメではないので、転記させていただきます。


美談にしたいのでしょうか

都合の悪いコメントは承認せず・・・
預かりさんブログに書き込ませてもらいましたが
自分達に都合の悪いコメントは削除したようです。
そういう方たちだとは思いませんでした。
削除されたようなのでこちらに書かせていただきます。

どうしても美談にしたいようですが明らかに不注意による事故ですよね。
そしてみなさん原因不明と書かれていますが
異物飲み込んだら体重減少しますし
異物が詰まって腸閉塞になったんですよね。
ここでは書いてあるのに他の方は原因不明と書いてありますね。

死因は明らかに誤飲による腸閉塞。
犠牲にしてくれたではなく犠牲になったのにおかしな書き方。
それに精一杯するのは当たり前だし、
お金かかったと言ってますがミスなんだから仕方ないですよね。

保護主さんだけは違うと思って更新を待っていましたが違いましたね。
起こってしまった事故は仕方ないですが
てっきり反省し謝罪するのかと思っていました。
いまだに異物がなんなのか明らかにしていませんよね。
真実を隠してどうするのでしょうか?
この子の死を無駄にせぬように猛省すべきでは?

コメントされている方も何も感じないのかと不思議でなりません。
自分がミスしていなくてもそれは保護主としての管理責任ですよね。
命を落としてしまった犬が可哀相です。
こういう活動をしている人がいるのかと思うと残念でなりません




まず預かりさんのブログに入れたと言われるコメントについて、
私にはなんのことかわからなかったので、
ココママさん、misaさん、み~♪さんに確認しました。

結果、み~♪さんのブログにコメントがあり、
それを削除されたことがわかりました。

そのコメントを読んでいないので詳しい内容は解りませんが、
ココママさんと私を非難する内容だったと聞きました。

み~♪さんが削除されたのは、おそらく
それでなくとも自分を責めているココママさんを
さらに傷つけたくなかったからでしょう。


み~♪さんのその気持ちは十分理解できるけれど、
せっかく入れたコメント削除されるということは気分が良いことではないですよね。

Rinさんが気分を害されたのはもっともだと思います。


内容を思い出せるなら、
もう一度私のブログに書きこんでいただいても良いのですが、
『削除されたようなのでこちらに書かせていただきます。』とありますので、
上のコメントと同じような内容だったと理解して、
いただいたコメントの返事をさせていただきます。


私が一番疑問に思うことは
今までに書いたブログの内容だけで
『死因は明らかに誤飲による腸閉塞。』と断定されたことです。


バルーンが急激に痩せ始めてから
4つの病院に掛かりました。

最初にわかったことは「低たんぱく」

うちの掛かりつけの先生に血液検査の結果を見せると
「生きているのが不思議なくらいの悪い数値」と言われました。

貧血の症状も出ていました。

レントゲンとエコー検査の結果、
その時点で腸内に異物はなく、腸閉そくも起こしていませんでした。

ずっと良い状態の便が出ていたことでも明らかです。


腸閉そくになったのは我が家へ移動して数日後に
嘔吐をくり返した日だと思います。

その日に病院へ行き、異物が出やすくなる薬を入れて、
翌日に異物が出ました。

異物は3センチほどの「白いプラスチック片」


いつ頃飲みこんだものか先生に聞いてみたところ、
飲みこんでからすぐに腸まで行かずに
長く胃の中に留まっていることも多く、
一年以上前の異物が出てきた例もあると言われました。

なので、
「いつ飲みこんだのかは不明」というのが答えです。


我が家に来てからかもしれないし

ココママさん宅にいた時かもしれないし

保護する前だったかもしれない


獣医師であっても判断はできないことです。



『明らかに不注意による事故ですよね。』とありますが、
動物看護士のRinさんなら
獣医師も判断できない飲みこんだ時期がわかるのでしょうか?

わかるのなら教えてください。

いつ飲みこんだんですか?

誰の不注意ですか?

私ですか?

ココママさんですか?

それとも元の飼い主さんですか?





私にとってはあの時、
いつ飲みこんだかもわからない異物が何であったかは
どうでもよかったんです。

とにかく「異物が出たからこれで元気になるに違いない」

そのことしか頭にありませんでしたから、
異物が何であったかを説明もしませんでした。




異物が出た日の夜、容体が急変し、救急病院へ行きました。

原因を特定できないくらいたくさんの項目が異常値でした。

アンモニア濃度も非常に高く尿毒症にもなっていました。


先生から
【機械的イレウス】と【機能的イレウス】の説明を受けました。

Rinさんは動物看護士なので意味はおわかりでしょうから、
イレウスの説明は省きますが、
先生ははっきりとバルーンが衰弱した原因は「機械的イレウス」ではなく、
「機能的イレウス」だと言われました。

機械的(外的)な要因ではなく機能的(内的)要因による腸内の活動低下。

機能的イレウスの原因も
「低たんぱく」「貧血」「尿毒症」との因果関係も不明。


救急病院から掛かりつけの病院へ移動した日の夜中に亡くなりました。

先生からは死因は「尿毒症」と推定されると説明がありました。

やはり原因は不明。






4つの病院とも体重が急激に落ちた原因はわかりませんでした。

ですので、そのまま「原因不明」と書きました。


以上がわかっていることの全てです。




反論があるならコメント欄に書いて下さい。

私がコメントを削除するのは
個人情報の書き込みと明からなスパムのみです。

批判的な内容であろうと
真面目に書かれたコメントなら削除することはありません。


ただし、動物看護士を名乗って書くのなら、
4つの病院での見解をくつがえすだけの根拠を示して下さい。

断片的な情報だけで
「死因は誤飲による腸閉そく」と断言した理由を明らかにして下さい。

Rinさんが動物看護士として
どれほどの知識と経験を積まれた方かはわかりませんが、
知識と経験を積めば積むほど、
断片的な情報だけで断言などできないとわかるはずです。





あなたがココママさんのブログの記事やコメントの返事を読んで、
なお、彼女の気持ちを理解できないのならとても残念です。



バルーンは面会に来てくれたココママさんにしっぽをブンブン振って
頭をごしごし押し付けて甘えました。

痩せてゴツゴツになった体を抱きしめながら、
ココママさんの涙が何粒もバルーンの頭に落ちました。


私はバルーンを元気にして
一日でも早く帰りたかったであろうココママ家に帰してやりたかった。

でもそれは叶いませんでした。




私は、動物看護士は
動物の痛みを知ると同時に
人の心の痛みをも推し量れる人であってほしいと思います。













この件に関しては、その都度対応はしますが、
フリマのお知らせもできていないし、新入り紹介もできていないので、
通常通りのブログの更新は続けます。


もう明日になってしまいましたが、フリマ&譲渡会のお知らせです!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【フリマ&譲渡会】


日時 : 12月18日(日)

時間 : 10:00~17:00
      (終了時間は早まる場合あり)

場所 : イオン箕面店横 かやの広場

      箕面市西宿1-14-35

※雨天中止



大きな地図で見る

※同時に譲渡会も行います。 

譲渡会に参加予定の保護犬はまた後でお知らせします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


日曜日はお天気の心配はなさそうですが、寒いみたいですので、
がっつり着込んで来てくださいね。

また、防寒対策はしますが、それでも保護犬たちが寒がるようであれば、
終了時間を少し早めに切り上げる場合もありますので、
なるべく早い時間にお越しください。

たくさんの新しい出会いと
懐かしい顔との再会がありますように…

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい


button21.gif




    スポンサーサイト

    | 保護犬「バルーン」 | 02:54 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    初めまして。
    突然のコメントお許しください。

    こちらのブログの記事は、犬 里親募集 注目記事ランキングトップに
    上がっていました。

    そこから来た方は、注目記事の前後しか読まず、バルーンちゃんの死因を
    誤飲に寄る腸閉塞と思われたのでしょう。

    今回書かれたこの記事を読めば、誤解は解けると思います。

    バルーンちゃんのご冥福お祈りします。
    そして、レモピさんのこれからのご活躍を応援します。

    | こめむぎ母 | 2011/12/17 06:10 | URL |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    | | 2011/12/17 06:20 | |

    ココママさんのブログにもコメントさせていただきましたが…

    バルーンが面会に来てくれたココママさんに甘える写真、あの写真のバルーンを見てホッとしたというか嬉しいというかなんというか、なんと言ったらいいのかわかりませんが…「バルーンはココママさんに出逢えてよかったなあ」と思いました。
    悲しい記事なのに、何故だか写真を見たときにそう思いました。

    レモピさんもお疲れだと思います。。。
    どうかお体に気をつけてください。
    フリマが良い天気に恵まれますよーに(o^o^o)!

    | トミ | 2011/12/17 08:12 | URL |

    バルーンは本当に残念でした。
    保護している子でも我が子ですものね、さぞお辛いと思います。

    保護活動をしてる団体・個人、医療も躾も愛情の掛け方もそれぞれ。
    そこには、スキルの差もあるでしょう、
    経済的な差もあるでしょう。
    上手く出来ない事も多々あるはず。

    それでも頑張る「保護する人間」が存在するのは、
    「捨てる人間」がいるからです。
    非難されるべきはバルーンを捨てた「元飼い主」です。
    犬を愛するなら矛先を間違えないで欲しいと願います。

    心ある人達が無駄に傷つかないよう、思いやりや優しさを持って導くのも、
    言葉というコミュニケーションツールを持った人間のなせる業。
    Rinさんのように知識がある方なら尚更頑張って欲しいと思います。

    犬を守り、お預かりさんを守り、、
    レモピさん、あっぱれ!!
    惚れてまうがな~



    | とろろ | 2011/12/17 08:56 | URL | ≫ EDIT

    世の中にはいろんな人がいますが

    Rinさんはきっと前後の記事も読まれたと思います。単なるクレーマーみたいに私は感じました。
    レモピさんのおっしゃるように誤飲が原因だと断定できる根拠をわかりやすく説明してほしいものです。

    | まきこ@大阪 | 2011/12/17 08:58 | URL | ≫ EDIT

    レモピ学園の皆さん、こんにちは。

    ずっと読んでる愛読者はちゃんとわかっていますよ。
    バルーンが痩せてきている原因を追究しようと必死に頑張っていらしたことも。

    バルーンの死を誰が一番悲しんでいるか、誰が一番助けたいと強く思っていたか、そして誰がバルーンに一番愛情を注いでいたか。

    レモピ学園の皆さんが、こんなコメントで悲しい思いをしていると考えるだけで、心痛の思いです。

    | ひなたママ | 2011/12/17 09:31 | URL | ≫ EDIT

    初めまして。
    わたしもバルーン君の死因については疑問を持っていました。
    なぜ早くレントゲンを撮らなかったのか?と思っていましたが、
    今日の記事を読んで早くにレントゲンは撮っていたことが分かり、ほっとしました。

    おそらく非難の声が上がるだろうと思いました。
    ブログですから…。

    ただ、思うことは、苦労しながら、お金を工面しながら、
    尊い活動をしてくれている人をつぶしてはいけない、
    非難してはいけないということです。
    これまで救われた犬たちがいる、これからも救ってくれる犬たちがいて、
    待っているんです、その子たちは。
    そして、一番つらいのは実際にバルーンに関わった人たちです。
    それを決して忘れてはいけないんです。

    MASUMIさんのメルマガに、

    本当の指導力とは、
    言い放つだけではなく、
    相手を責めることをせず、
    出来るように導いてやることだ。(ちょっと違ってたらごめんなさい)

    とありました。RINさんのような若い人(若いという印象を受けました)に、
    この言葉の重み、感じてほしいと思います。

    レモピさん、ココママさん、きっと強い意思をお持ちの方だと思います。
    これからも信じた道を行ってください。
    影ながら、応援しています。

    | ほペパ | 2011/12/17 09:47 | URL |

    いつもながら冷静的確な対応でさすがレモピさんと思わずにいられません。

    皆さんが懸命にバルーン君の命を守ろうとされた事はバルーン君もわかっていて、
    「誰も悪くないよ。」って言ってるに決まってます(^_-)


    とろろさんが書かれている通り、唯一責められるべきは元飼い主ですv-359


    ブログを読ませて頂き声援を送る事しかできませんが、
    これからもレモピさん初めわんLOVEの皆さんの活動を応援してます。

    ご自身のお体も大切になさって下さいね。

    | まぶしーはは | 2011/12/17 10:05 | URL | ≫ EDIT

    バルーンちゃんのこと
    ありがとうございました。
    いつもいつも、心から感謝しております

    ほとんどの方が同じ気持ちです。

    ありがとう
    ありがとう

    心ない書き込みをされる方は、心が貧しいんだと思います
    そういう方が、動物の看護士をされてるのは、本当に
    悲しい

    バルーンちゃんは、幸せでした
    今は、安らかに眠っていることでしょう。

    | 通りすがり | 2011/12/17 10:08 | URL |

    コメントは初めてですがレモピさんのブログ大好きでずっと読ませて頂いてます

    バルーンちゃんに対する愛情は毎回のブログで痛いほど伝わってきました
    ココママさん他皆様の日頃の活動にいつも頭が下がる思いです

    言葉って難しいです
    思ってる事を素直に伝える事は大事ですが明らかに【傷つく】言葉を一番悲しんでおられる人達に何故今言う必要があるのでしょうか



    | まろママ | 2011/12/17 10:15 | URL |

    余りにも?な記事だったのでコメントさせて頂きます。

    私は動物ではなく人間の看護師をしています。

    人の死の場面でも、原因の論争が多々あります。

    ただ何にも100%はなく(99%ならあるかもしれません)

    私達、資格職に就いている人間は

    一つ一つの言葉を非常に慎重に選び話さなければいけません。

    動物看護師をされていると言うのなら

    保護主さんの言われてる通り

    もっと専門的に、根拠に基づきコメントするべきではないのかと思います。

    4つの病院、多額の費用もかかったことでしょう。

    労力もかかったことでしょう。

    何かを隠蔽する気の人達なら、
    もともと、そんな費用を労力も使わないでしょうし、
    記事全文嘘をつけるでしょう。

    Rinさんからすれば、その病院全てが(いわゆる)やぶ医者だったと言う事でしょうか?

    仮にやぶ医者だったとして

    それに気付ける飼い主(保護主)さんが、そんなに多いでしょうか?

    医者が風邪だと言えば、風邪。
    医者が癌だと言えば癌。
    世の大半の人がそうです。

    もし死因に疑問?を抱いてるのなら、
    どうして途中経過の記事の段階で
    他のドクターにも診てもらったらどうですか?とアドバイスのコメントを入れなかったのですか?

    バルーンがなくなってから、おかしいと言ってもバルーンは戻ってきません。

    そしてあなたコメントがどれだけ人を傷つけているか
    気付きませんか。

    気付かない様な人が、
    「看護士」と名乗る事が非常に残念です。

    動物だけを助けるのでなく
    飼い主(保護主)さんの気持ちも理解しようと努めて
    初めて「看護士」なのではないかと・・・。

    | ぁぃゅ | 2011/12/17 10:17 | URL |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    | | 2011/12/17 10:20 | |

    バルーン君に関わった方の色々な気持ち(喜び、哀しみ、苦しみ、後悔)。家族募集中の子が亡くなってしまうというこんな辛く悲しい事。集まれるバルーン君を愛してる人達が、最後見送りました。最後見送るという辛く悲しい事とわかっていますが、その現場にいないと本当に理解できないと思ってます。そんな忙しい中、気にかけて下さってる皆さんの為にメンバーの方々で状況をお知らせしていただけてました。
    愛情を持って、世話し出きる範囲の中で一生懸命対応されてました。

    家族を見つけてあげたい、助けたい、守りたい、助けてあげられなかった後悔など バルーン君の身近で色々な思いを抱いてます。少しでも感じ取っていたら・・・あのコメントには表れてませんでした。
    バルーン君をワンLOVEの方以上に愛している方なら、伝わってきますが そう思えませんでした。
    保護ブログなのに、ここまで書かないといけなくなったという事が残念でなりません。
    今でも、苦しんで涙をしているのは誰でしょうか?
    そういう風に考えていただけたらと思ってしまいます。

    | momoママ | 2011/12/17 10:23 | URL |

    ブログ見てびっくりしました

    このブログは犬が大好きで何か
    お手伝いがしたい
    何も出来なくても沢山の人に
    見て頂けるようクリックだけでもと
    思っていらっしゃる人ばかりだと…

    私も先月ダルメシアンを亡くしました
    足に腫瘍が出来てるからすぐ断脚と
    言われて別の病院で投薬により
    腫瘍と言ってたのが無くなり
    色々検査をして様子見てました

    毎日ご飯も沢山食べて元気で
    でも突然朝立ってトイレして
    その後動けなくなりすぐ病院に
    点滴して連れ帰り午後に亡くなりました

    経験者にはまして看護士さんなら
    急変する時のあっけなさは
    お分かりかと…

    パピィからずっと育てても
    ずっと病院にかかっていても
    病気や事故はあります
    多額の医療費に本当に困る時も
    それでも笑顔が見たくて頑張ろうと…

    死因は3件の病院で見てもらいましたが
    不明でした。

    自分を責め毎日泣いてた時に
    里親募集のブログを知り
    気持ちが前向きになりました

    誰に責められなくても
    亡くした方は毎日後悔し自分を責めます

    完璧な犬も人もいません
    助けあって責める事なく殺処分が
    0になるよう応援しましょう

    看護士さんバザー来てみて下さい
    私は先週初めて行きましたが
    保護されてるワンコ達が
    どんなに愛されているかわかります

    そして寒い中みんな笑顔でした
    今週も行きますね♪

    | シャーリーママ | 2011/12/17 10:26 | URL |

    尊い活動に、心より感謝して、おります。              
     バルーン君は、幸せに 虹の橋にわたったと思います。  責められるのは、元飼い主です。


     その看護士さんも、動物が好きなんでしょう?
     保護活動をしている人を責めないで、協力してください。                                                                   人間の身勝手で、殺処分される子たちのない社会を、願うばかりです。

      我が家にも、保護犬のアフガンと、シェパードミックスの仔犬がいます。仔犬は、目も開いておらず、母犬がわりで育てています。

       
    これからも、活動のほう がんばってくださいね。

    | ビッグマム | 2011/12/17 12:25 | URL |

    看護婦です

    やはり医療にたずさわる
    ものとしては、実際みていないものについては
    意見をしない・・というのが鉄則です。
    ちなみに同じ病でも、ここによって飲む薬もかわりますし
    手術するかしないかなどすべてにおいてかわってきます。

    ただ、保護主さんは預かりさんなどのことを考え
    詳しいことを省いたのかもしれませんが
    私もずっと読ませていただいていて、原因は?
    という思いが頭をよぎったのは事実です。
    ですからRinさんが気になってコメントしたのもわかります。

    けれど、Rinさんはじめ、保護主さんや預かりさんに批判的な
    方に聞きたいのです。
    見ていないもの、行動をおこしていない者が、ボランティアの方に意見することってできるのでしょうか。

    今回、バルーンちゃんが体調不良、太れないといった記事がでたときに、預かりさんや保護主さんの対応が不満な方で
    「私ならもっと良い対処ができます。私に任せてください」といってくださった方はいたのでしょうか。(保護主さんにも聞きたいです。そういう申し出はあったのでしょうか?)

    行動をおこせない者は行動している人に意見するのは、まちがっているとおもいます。
    ですから批判する方はどうか、一度その言葉をおさめて自分が行動してみましょう。


    | konatsu | 2011/12/17 13:46 | URL |

    バルーンちゃん残念でなりませんね。看取られなかった方は本当に悔しいでしょうね。心と体を今一度休めてください。
    あのコメントを見て保護活動を続けるのを、またこれから保護活動をしたいと思った方で躊躇した人はいると思います。
    病院を受診させてもらってバルーンちゃんは嬉しかったと思いますよ。皆さんすべてが必死で頭が下がる思いで一杯です。
    コメントした方も動物が好きでされてる仕事ですよね。だからこそ無念だったのではないでしょうか?
    動物を思う気持ちは一緒です。ここで責めても命は戻らないし何よりバルーンちゃんが望んでないことです。
    気持ちよく天国に送らせてあげるのがベストなのでは?
    私が思うのはコメントを乗せても名前は伏せるべきだったのではと思います。
    こんな大きな記事にされて彼女に批判的なコメントも続々とありますし何より彼女も不愉快ですよね。
    お互いが不愉快な思いさせて何になりますか?命が戻ってきますか?
    顔が見えないからこそ思いやりが必要なのではないでしょうか。

    | なっつママ | 2011/12/17 14:58 | URL |

    今日このブログを見てびっくりしました。
    悲しい出来事があって、落ち込んでいるのにこんな大変な
    ことにレモピ学園の皆さんが巻き込まれていらっしゃったと知って、本当にお辛いだろうと思いました。

    以前別のボランティアグループのホームページだったかを見たときに、譲渡の際に支払う避妊手術代などの諸費用で儲けてるのでは?と言われている!というのを見たとき、驚いたことが
    あります。

    こういう活動をしてくださっている方たちにはいつも頭が下がります。
    私もかわいそうなわんちゃんを少しでも助けてあげたくて、この夏に里親になりました。

    かわいそうなわんちゃんを助けてあげるために何かできないかといつも思いますが、なかなかそういう活動を実際にする勇気がないのが現実です。

    でもこの様に活動して下さる方たちは体力的にも時間的にもそして何よりも経済的に大変だと思います。

    そのような中で精いっぱいバルーンの為に何がいいか皆さんで悩んでして下さった行為に感謝したいと思います。

    世の中にはいろんな考え方の人がいて当然ですが、それよりもかわいそうなわんちゃんを出さない世の中に何とか出来ないかを考えるべきだと思います。
    法改正も含めてみんなで知恵を出し合えたらとおもうのですが・・・。

    | ふうたん | 2011/12/17 14:59 | URL |

    真実はそれに一番近かった方のみが解ることだと思います。
    たとえ追求できなくとも 一番近くでありのままを見守り続けた方々が
    考え悩み抜かれて 行動し 決断されたことを
    何もせず 触れもせず だたうわべの事柄だけを見て意見されることの 滑稽さ・・・
     
    わからない人間になど 惑わされないで下さい。
    思いはきっとバルーンちゃんに届いたはずです。
    それだけでよいと思います。

    | mimi | 2011/12/17 15:37 | URL |

    毎日どんなに頑張っていらっしゃるか

    レモピさん始め、ワンLOVEの方が犬達のためにどんなに頑張っていらっしゃるか、よくわかっていらっしゃる方ばかり、皆さん応援している方ばかりだから、同じような思いでよかったです。
    後方支援しかできませんが、私もレモピさん始め皆さんと心は一つです。

    本質が見えずに、一人騒いで恥ずかしい人はどこの世の中にもいます。私が働く会社にもいます。自分が一番正しいと勘違いしているから手に負えない。。
    これからもいろいろな事があるでしょうが、どんな時も応援しています。

    自分のことはいつも後回し、さぞお疲れでしょう。心配です。

    | まきこ@大阪 | 2011/12/17 15:54 | URL |

    私がメールを削除したことでご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします

    | み〜 | 2011/12/17 16:03 | URL |

    初めてコメントをしますが、いつもブログを読ませていただいています。
    保護犬のためにされているブログが今回のようなことになって、大変残念に思います。
    ブログですから色んな人の目にも触れ、色んな意見も寄せられるとおもいますが、このブログを読まれる方はみなさん動物が大好きなハズ。
    コメントをする方も顔が見えなくてももっと思いやりをもってコメントをするべきだと思います。言葉だけで伝えるのは本当に難しいですよね。
    何もできていない自分が偉そうにすみません。
    明日は初めて、フリマに行かせてもらいます。微々たるものですが、協力をさせて下さい。

    | watachai | 2011/12/17 17:31 | URL |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    | | 2011/12/18 01:21 | |

    どういったイレウスかほんとうのところ解りませんが、
    それより一つ知りたいことが・・これは非難でも中傷でも
    擁護でもありません。唯、自分なら、と置き換えたうえでの
    素朴な疑問なのですが、バルーンちゃんの腸の中から白い
    プラスチック片が出て来たとの事、それを見せて貰うのが
    普通だと思うのですが、それを見たなら例えば自分だったら
    思い当たるフシがあるか無いか、大凡の予測は付くのですが・・
    命を預かっている以上、特にその子が我が家に預かりで来て
    1ヶ月は絶対に目を離しませんから、もし自分の家の中に
    危険そうな物が転がってたり、あるいはあの置物のプラスチック
    危なそうだったな、とか何と無くでも自分の家の中の物かそうじゃないかって見当が付くかな、と思ったのですがそれは思い当たらなかったのでしょうか?
    付け加えればこの子のイレウスが誤飲に因るものである可能性は、正直低いと思われますよ。

    | 保護犬猫 | 2011/12/19 05:17 | URL | ≫ EDIT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://lemoppi.blog81.fc2.com/tb.php/936-5d5c3cde

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT