笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

繋がった『愛』

 
 
 
「不思議なご縁」の続きです。


「不思議なご縁」の発端の話は一つ前の記事を見てね!

  ↓ ↓ ↓

『あなたにもできることがあります』







前の記事で紹介したように
Iさん自身が動物愛護について関心を持ち、いろいろと考えていた時に
ロッキーままさんと出会い、一歩を踏み出されました。

Iさんは自分が一歩踏み出しただけではなく、
やはりロッキーままさんと同様
様々な理由で飼い主さんを失い、新たな家族を探している犬たちがたくさんいること、
保護ボランティアの存在などをお友達にも話して下さいました。


サブレとのお見合いの日も
Iさんのお友達も一緒に来られることになっていました。


ところがお見合いの前日、
お友達が行かれなくなったとIさんから電話がありました。

聞いてみると、
保護犬たちの存在を知ったお友達は
「一つの命を救うために里親になる」という気持ちは持ちながらも
やはり自分の好きな犬種があり、
「亡くなった愛犬と同じ犬種が飼いたい」という想いも捨てきれず、
今は考えがまとまらないので
明日のお見合いの付き添いは辞退しますということでした。


しごく当然のことですよね。


動物愛護の気持ちから里親になる人は多く、
中には犬種・年齢・性別などにまったくこだわらずに
「一番条件の悪い子を」と希望して下さる方もいらっしゃいます。

でも、そういう人は一握りで
家族になるんですから、迎える犬の好みがあって当たり前です。

私だって、今までにたくさん保護していますけど、
時々「このまま一緒に住みたいなぁ」と思う犬がいますからね。

誰とは言わへんけど、
カフェオレ色のむくむくとか、
白っぽいむくむくとかね^m^



ですので、Iさんにも
「悩まれて当然ですので、そのうちまたご縁があれば宜しくお願いします。」
と言いました。


それで話は終わるはずだったんですけど…





「どうしても次も前に飼ってた○○○を飼いたいみたいです。」


「えっ?○○○???
 あのぉ、あたし、今日○○○を保護したんですけど…」



「えーっ!!! じゃあもう一回Oさんに連絡してみます」



しばらくして

「Oさん、すごい喜んで、明日やっぱり一緒に行きますって♪」










こーんな偶然で、
実はサブレのお見合いはダブルお見合いとなったのでした。

Oさんが飼いたかった○○○とは






黒パグ






お見合い相手はもちろん

IMG_6051.jpg


前に仮名は『愛』に決まったけど、
名付け親は私でもうちの家族でもありませんと意味深な書き方をしましたが、
実は名付け親はOさんの娘さんでした(^^)

愛ちゃんを保護した時の状態も詳しく説明し、
皮膚病で禿げてしまった箇所も
皮膚病が治った後、きれいに生えそろうかどうかは今はわからないと言いました。

その時、Oさんはこう言われたんです。


「もしも禿げたままでも、それも愛ちゃんのトレードマークです」








すぐにでも迎えたいとのご希望でしたが、
何しろ栄養失調で貧血状態、まだ皮膚病の治療も残っていましたので、
避妊手術ができるくらいまで
しっかり体力をつけてからのお届けとさせていただきました。


かなりの時間が必要かなと思っていましたが、
まだ1歳の愛ちゃんは回復スピードが驚くほど早く、
5月7日に無事に避妊手術も済ませることができました。

皮膚病も改善してきている証拠に
剥げていた箇所にうっすらと毛が生えてきて、
貧血もなくなり、2週間後の抜糸を終えたらトライアル開始予定でした。


ところが、5日に保護した望と歩の健康状態が思わしくなく、
2匹の世話で他の保護犬を十分ケアしてやるのが難しくなったため、
時期を早めてO家に迎えていただくことにしました。

医療に関しても、
責任を持ってOさんが引き続き行って下さることになりました。

望が大変な時だったのでほんとうにありがたかったです。




残念なことに、
愛ちゃんの旅立ちの日の朝に望は亡くなってしまいました。

また時系列で説明すると、
すでに体が硬くなってしまっていた望の亡骸に毛布を掛けて
フードとおやつを傍らに置いて、
「望、ついていてやれずにゴメンね!」と声を掛けて、
希輝と愛ちゃんを車に乗せて、動物病院に向かいました。

そこで避妊手術予定だった希輝を預けて、
そのままOさんと娘さんが待つ京都へ向かいました。


愛ちゃんは初対面の人にでも
すぐに懐いて甘えるので、この日初めて愛ちゃんに会った娘さんも
ひと目でメロメロでした(^-^)

IMG_6403.jpg

IMG_6406.jpg

IMG_6409.jpg






望のお葬式の受付時間が迫っていたので、
説明もそこそこにOさんに愛ちゃんを任せてとんぼ返りで家に帰りました。


その後は、以前に書いた望のお葬式の時のバタバタに続きます。





Oさんからは近況報告もいただいていて、
家族全員が愛ちゃんに夢中な様子が伺えます(^^)

また近々正式譲渡の手続きに出向きますので、
すっかりO家の一員となった愛ちゃんをご紹介できると思います♪














どうです?

「不思議なご縁」と呼びたくなるでしょ!?


ロッキーままさんがサブレのご縁を繋いでくれて、
サブレの里親Iさんが愛ちゃんのご縁を繋いでくれました。

さらに2匹が幸せになっただけに留まらず、
2匹が卒業した我が家では
また新入りを受け入れるスペースが空いたということになります。

一匹が卒業するということは
また別の一匹の命が助かるということです。

そのためにもすべての保護犬が一日でも早く
ゴールを迎えられるよう全力を尽くさなあかんと思っています。

次はむくむくむっくの話です(^^)v

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ← 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい



スポンサーサイト

| 保護犬「愛」 | 03:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

めでたし

ウチも以前、黒パグがいたので、愛ちゃんのことはすごくきになってました。はるたろうがヤキモチ焼かなかったら、せめて一時預かりでもしたいなぁと話してたくらいです。
そして、なんと愛ちゃんは新しいご家族が決まって、幸せいっぱい(*^^)v よかったねぇ。
おめでとう 愛ちゃん  おめでとう レモピさん  おめでとう Oさん (●^o^●)

| ももやん | 2011/05/17 20:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lemoppi.blog81.fc2.com/tb.php/696-efc4c454

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。