笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春が来る前に

 
 
 
仮名 : テディ

犬種 : ヨークシャテリア

性別 : オス

年齢 : 推定12歳前後

IMG_20141124_143330.jpg


保護したのは昨年11月

迷子犬で警察署に収容されていましたが、
飼い主さんのお迎えがないまま収容期限が切れ、
保健所に移送される前に保護することにしました。

申し送りの情報として
「収容中に咳をするようになった」と聞きました。



あぁ…

医療費が掛かる犬かもしれない…

今の自分の経済状態ではしんどいなぁ。



そう思ったけれど、
年齢や健康状態からすると、
とても保健所の譲渡審査を通るとは思えませんでした。


保健所へ移送されたら待っているのは殺処分。




結局、ため息をつきながら連れて帰ってきました。






検査の結果、フィラリア強陽性

咳もフィラリア陽性の影響だろうということでした。



さっそく、第一段階のフィラリア治療を開始しました。



第一段階の治療を終えた後、
様子を見て去勢手術をすることになっていました。



年明け早々に手術の予約をして、いざ手術当日



病院から電話がありました。



事前検査でくわしく調べてみたら、
体内に想像以上にフィラリア虫がうじゃうじゃいて
リスクが高すぎて手術できないということでした。


今までにもフィラリア陽性の保護犬の去勢手術をお願いしてきましたが、
「できない」と言われたのは初めてでした。


体内に爆弾を抱えている状態で
いつ何が起きても不思議ではないとも言われました。




普段のテディはめちゃくちゃ元気で、
時々咳き込むことを除けば、
とてもそんな深刻な状態とは思えませんでした。


散歩でも元気に歩き、
食欲旺盛でおやつもごはんも手にかぶりつく勢いで、
実際に私もダーリンも何度か手までカプッと食べられました^_^;

ちびっ子やけどえらい勢いでかぶりつくから
けっこう痛かったなぁ…







3月7日夕方

おやつをやりましたが
いつものような手までかぶりつく勢いはありませんでした。
それでも残さず全部食べました。



3月7日夜

あれほど大好きやったごはんを食べませんでした。

トコトコと歩いてきてお水をコクコクっと飲んで
元の寝ていた場所に戻って、
毛布の上に丸まって眠りました。




3月7日深夜

明日の朝、一度診てもらおう。

そう思いながら、
眠っていることを確認して部屋のドアを閉めました。




3月8日朝

前日夜と同じ姿勢のまま死んでいました。





3月9日

今までの歴代保護犬たちと同じく
慈愛院さんでお葬式をあげてもらいました。

一人で見送りました。

DSC_0037.jpg

DSC_0038.jpg




今は



ピッコロ

とくさん

金太郎

バルーン

エス




みんなと一緒にこの合同墓地で眠っています。

DSC_0042.jpg








いつも思うこと





元の飼い主は今どこでどんな暮らしをしてるんかな。

なんでこんな最後を迎えなあかんかったんかな。

犬を飼うってどういうことなんかな。








11月と12月のふれあい会で
テディに会ったみなさん!

どうか忘れないでいてください。



私たちにできることは
テディという小さく元気でちょっと頑固な犬がこの世に存在したことを
いつまでも覚えていてやることだと思うので…




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい


end.gif

春はすぐそこ!


そう思って何度も元気を出そうとするけれど


正直、元気なんて出ないです…




春はほんまに来るんかな






    スポンサーサイト

    | 保護犬「テディ」 | 18:32 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    | | 2015/03/25 20:10 | |

    春は、来ないのかも
    しれないけど
    明日は
    くる
    みんなに、、、
    そう思います。

    | 和田峰子 | 2015/03/25 21:41 | URL |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    | | 2015/03/26 00:04 | |

    犬生の最後の最後だったけれど
    レモピ家で看取ってもらえたテディ。
    幸せだったと思いますよ。

    父を介護し、先日看取って実感しました。
    いろいろあっても最後が大事。
    人間だってワンコだって。と。

    | 名古屋のトントン&てんてん母さん | 2015/03/26 03:54 | URL |

    それでも最後に人間の愛情に触れて
    暖かいお家で逝ったことはテディにとって
    幸せだったと思います。

    | あれまま | 2015/03/26 09:20 | URL |

    肝っ玉母さんのような温かいレモピさんのお家で最後の日々を暮らせて幸せな気持ちで旅立ったんだと思います。
    きっと苦しむ事もなく寝てる内に天使になったんでしょう、深夜確認したのと同じ寝姿だったんですものね。

    レモピさんには辛い出来事でしたけど、テディちゃんはきっとレモピさんに感謝してると思います。

    春はきっと来ます、みんなに平等に(*^_^*)

    | まぶしーはは | 2015/03/26 14:18 | URL | ≫ EDIT

    春が来るように、貴方のまわりから春風が吹くように努力してみます 待っててね って吹かへんかったらランチで許してv-355

    | りく母 | 2015/03/27 06:54 | URL |

    昨年母の介護を・・と思って退職。その半月後の母の死。あっけないものでした。その後、なかなか仕事も決まらず約一年。

    合同墓地に眠る
    望、ピッコロ、とくさん、金太郎、バルーン、エス、そしてテディ。
    みんなで春に近づくようにレモピさんの背中を押してくれているように思います。

    私も4月からようやくパートですが仕事が決まりました。
    レモピさんにも春が訪れますように!!



    | 三色ダンゴ | 2015/03/27 11:38 | URL |

    悲しいですね

    きっとパピーの時や若くて健康な時には可愛いがられたと思います。
    生き物の命や、飼育する事をどう考えてるか、人間のエゴって悲しいですね。前の飼主の放棄理由は察しがつきますが…

    テディちゃんは、レモピさんに感謝して旅立ち、私達はレモビさんのされた事に敬意を表します。

    | ビビパパ | 2015/03/30 14:30 | URL | ≫ EDIT

    はじめまして。
    心に痛みを感じました。
    元の飼い主さんに怒りを感じました。
    目の前で肌で感じて接しているレモピさんは、とってもお辛い気持ちだろうと思います。
    だけどね、レモピさんと出会ったワンコ達は、とってもとっても
    幸せだよ。たとえ最後の時がきたとしても、レモピさんのあふれるほどのあたたかい愛情にふれることができて、そばにいてくれて、
    幸せなんだと思います。
    レモピさん、たくさん泣いていいんだよ。
    ゆっくりゆっくりね。

    | 春桜 | 2015/04/03 23:06 | URL |

    電車内でよんでいたら、涙がでてきました。
    本当に本当にやるせないです。
    なぜ病院につれていってあげなかったの、なぜフィラリアをのませてあげなかったの、なぜ、おむかえにきてくれなかったの、、

    保護犬の最期が優しい方にだきしめてもらえたことが、救いでした。
    ありがとうございましたと、元飼い主の代わりに伝えたく思います。

    | ミント | 2015/04/23 09:36 | URL |















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://lemoppi.blog81.fc2.com/tb.php/1323-3e2e6cd4

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。