笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最高の選択

 
 
 
以前からの犬友さんたちや
保護活動を通じて知り合った犬飼さんたちから
愛犬を亡くした悲しみの声を聞くことがよくあります。


最愛の家族を失った悲しい気持ちはもちろんですが、
ただ悲しいだけではなく、
重病に侵された愛犬の治療についての判断が間違っていたのではないかという
後悔の思いを持っている人がたくさんいます。



私もその一人でした。



我が家で初めて飼ったコーギーのクウ

DSCF0061n.jpg


7歳の時に「免疫介在性溶血性貧血」という血液の難病に侵され、
発症後わずか10日余りで亡くなりました。


私は「免疫介在性溶血性貧血」という病気をその時初めて知りました。



運悪く、体調を崩した時は年末で
掛かりつけの病院が休みに入っていたため、
別の初めての病院で検査・入院となりました。

年が明けて、掛かりつけの病院が開くのを待って転院し、
今までとは別の治療法を試してみることになりました。

今から治療を始めるという直前に心臓発作を起こし、
クウは処置室で亡くなりました。





しばらくの間


以前から「免疫介在性溶血性貧血」という病気のことを知っていたら
もっと早くに異変に気付いたかもしれない。


転院させなければよかったのかもしれない。


いや、もっと早くに別の治療法を試していたら
クウは今も生きていたかもしれない。



そんなことばかり考えて、
浮かんでくるのはクウの苦しそうな顔ばかりでした。


クウ!ごめんね!

無知な飼い主のせいで、助けてやれなくてごめん!



その言葉ばかり繰り返していました。







今は私たち家族が選んだ選択は
最善ではなかったかもしれないけれど、
最高の選択だったと思えるようになりました。


そう思えるようになったのは
同じように後悔の思いで苦しむ飼い主さんたちの声を聞いたから。



私は苦しんでいる飼い主さんにいつもこう答えていました。


誰より愛する家族が必死に考えて、
悩んで悩んで決めたことなのだから、
その選択に絶対間違いはないと思います。


それは自分に対する答えでもありました。


今、重病の愛犬の治療方法で悩んでいる飼い主さんがいたら、
やっぱり同じ言葉を伝えたいです。

飼い主さんの苦しみが少しでも楽になりますように…




line.gif


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい


end.gif


クッキー作ってたらこんな時間になってました^^;

(只今深夜3:13)

明日もがんばって作るぞー(^^)/

その前に仕事がんばらないと^_^;


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
フリマ&ふれあい会のお知らせ
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


日時: 11月24日(月)祝日

時間: 10:00~16:00

場所: みのおキューズモール イオン前ふれあい広場

    
雨天中止です

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



搬送・フリマの手伝いのお申し出ありがとうございます。

なるべく早くに連絡させていただきますので、
少しだけお待ちくださいね。



line.gif





    スポンサーサイト

    | 動物愛護問題 | 03:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    お肌に良くないです(*^_^*)

    レモピさん 連日のブログ更新・・・絶好調(^_-)-☆

    でも 午前様でクッキー焼いたりしたら
    お肌に良くないですよv-12
    ほどほどに 頑張ってくださいね

    保護ワンコにいいご縁がありますようにv-339

    | ももやん | 2014/11/19 18:00 | URL |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    | | 2014/11/19 18:03 | |















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://lemoppi.blog81.fc2.com/tb.php/1315-f1ddbdcb

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT