笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バルーンの死因について

 
 
 

Rin(動物看護士)さんのコメントをたくさんの人が読まれたと思います。

読んだ人に与える影響が大きいこと、
事実ではないことが書かれていること、
返事が長文になるのでコメント欄ではなく記事として書きます。

コメントは鍵コメではないので、転記させていただきます。


美談にしたいのでしょうか

都合の悪いコメントは承認せず・・・
預かりさんブログに書き込ませてもらいましたが
自分達に都合の悪いコメントは削除したようです。
そういう方たちだとは思いませんでした。
削除されたようなのでこちらに書かせていただきます。

どうしても美談にしたいようですが明らかに不注意による事故ですよね。
そしてみなさん原因不明と書かれていますが
異物飲み込んだら体重減少しますし
異物が詰まって腸閉塞になったんですよね。
ここでは書いてあるのに他の方は原因不明と書いてありますね。

死因は明らかに誤飲による腸閉塞。
犠牲にしてくれたではなく犠牲になったのにおかしな書き方。
それに精一杯するのは当たり前だし、
お金かかったと言ってますがミスなんだから仕方ないですよね。

保護主さんだけは違うと思って更新を待っていましたが違いましたね。
起こってしまった事故は仕方ないですが
てっきり反省し謝罪するのかと思っていました。
いまだに異物がなんなのか明らかにしていませんよね。
真実を隠してどうするのでしょうか?
この子の死を無駄にせぬように猛省すべきでは?

コメントされている方も何も感じないのかと不思議でなりません。
自分がミスしていなくてもそれは保護主としての管理責任ですよね。
命を落としてしまった犬が可哀相です。
こういう活動をしている人がいるのかと思うと残念でなりません




まず預かりさんのブログに入れたと言われるコメントについて、
私にはなんのことかわからなかったので、
ココママさん、misaさん、み~♪さんに確認しました。

結果、み~♪さんのブログにコメントがあり、
それを削除されたことがわかりました。

そのコメントを読んでいないので詳しい内容は解りませんが、
ココママさんと私を非難する内容だったと聞きました。

み~♪さんが削除されたのは、おそらく
それでなくとも自分を責めているココママさんを
さらに傷つけたくなかったからでしょう。


み~♪さんのその気持ちは十分理解できるけれど、
せっかく入れたコメント削除されるということは気分が良いことではないですよね。

Rinさんが気分を害されたのはもっともだと思います。


内容を思い出せるなら、
もう一度私のブログに書きこんでいただいても良いのですが、
『削除されたようなのでこちらに書かせていただきます。』とありますので、
上のコメントと同じような内容だったと理解して、
いただいたコメントの返事をさせていただきます。


私が一番疑問に思うことは
今までに書いたブログの内容だけで
『死因は明らかに誤飲による腸閉塞。』と断定されたことです。


バルーンが急激に痩せ始めてから
4つの病院に掛かりました。

最初にわかったことは「低たんぱく」

うちの掛かりつけの先生に血液検査の結果を見せると
「生きているのが不思議なくらいの悪い数値」と言われました。

貧血の症状も出ていました。

レントゲンとエコー検査の結果、
その時点で腸内に異物はなく、腸閉そくも起こしていませんでした。

ずっと良い状態の便が出ていたことでも明らかです。


腸閉そくになったのは我が家へ移動して数日後に
嘔吐をくり返した日だと思います。

その日に病院へ行き、異物が出やすくなる薬を入れて、
翌日に異物が出ました。

異物は3センチほどの「白いプラスチック片」


いつ頃飲みこんだものか先生に聞いてみたところ、
飲みこんでからすぐに腸まで行かずに
長く胃の中に留まっていることも多く、
一年以上前の異物が出てきた例もあると言われました。

なので、
「いつ飲みこんだのかは不明」というのが答えです。


我が家に来てからかもしれないし

ココママさん宅にいた時かもしれないし

保護する前だったかもしれない


獣医師であっても判断はできないことです。



『明らかに不注意による事故ですよね。』とありますが、
動物看護士のRinさんなら
獣医師も判断できない飲みこんだ時期がわかるのでしょうか?

わかるのなら教えてください。

いつ飲みこんだんですか?

誰の不注意ですか?

私ですか?

ココママさんですか?

それとも元の飼い主さんですか?





私にとってはあの時、
いつ飲みこんだかもわからない異物が何であったかは
どうでもよかったんです。

とにかく「異物が出たからこれで元気になるに違いない」

そのことしか頭にありませんでしたから、
異物が何であったかを説明もしませんでした。




異物が出た日の夜、容体が急変し、救急病院へ行きました。

原因を特定できないくらいたくさんの項目が異常値でした。

アンモニア濃度も非常に高く尿毒症にもなっていました。


先生から
【機械的イレウス】と【機能的イレウス】の説明を受けました。

Rinさんは動物看護士なので意味はおわかりでしょうから、
イレウスの説明は省きますが、
先生ははっきりとバルーンが衰弱した原因は「機械的イレウス」ではなく、
「機能的イレウス」だと言われました。

機械的(外的)な要因ではなく機能的(内的)要因による腸内の活動低下。

機能的イレウスの原因も
「低たんぱく」「貧血」「尿毒症」との因果関係も不明。


救急病院から掛かりつけの病院へ移動した日の夜中に亡くなりました。

先生からは死因は「尿毒症」と推定されると説明がありました。

やはり原因は不明。






4つの病院とも体重が急激に落ちた原因はわかりませんでした。

ですので、そのまま「原因不明」と書きました。


以上がわかっていることの全てです。




反論があるならコメント欄に書いて下さい。

私がコメントを削除するのは
個人情報の書き込みと明からなスパムのみです。

批判的な内容であろうと
真面目に書かれたコメントなら削除することはありません。


ただし、動物看護士を名乗って書くのなら、
4つの病院での見解をくつがえすだけの根拠を示して下さい。

断片的な情報だけで
「死因は誤飲による腸閉そく」と断言した理由を明らかにして下さい。

Rinさんが動物看護士として
どれほどの知識と経験を積まれた方かはわかりませんが、
知識と経験を積めば積むほど、
断片的な情報だけで断言などできないとわかるはずです。





あなたがココママさんのブログの記事やコメントの返事を読んで、
なお、彼女の気持ちを理解できないのならとても残念です。



バルーンは面会に来てくれたココママさんにしっぽをブンブン振って
頭をごしごし押し付けて甘えました。

痩せてゴツゴツになった体を抱きしめながら、
ココママさんの涙が何粒もバルーンの頭に落ちました。


私はバルーンを元気にして
一日でも早く帰りたかったであろうココママ家に帰してやりたかった。

でもそれは叶いませんでした。




私は、動物看護士は
動物の痛みを知ると同時に
人の心の痛みをも推し量れる人であってほしいと思います。













この件に関しては、その都度対応はしますが、
フリマのお知らせもできていないし、新入り紹介もできていないので、
通常通りのブログの更新は続けます。


もう明日になってしまいましたが、フリマ&譲渡会のお知らせです!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【フリマ&譲渡会】


日時 : 12月18日(日)

時間 : 10:00~17:00
      (終了時間は早まる場合あり)

場所 : イオン箕面店横 かやの広場

      箕面市西宿1-14-35

※雨天中止



大きな地図で見る

※同時に譲渡会も行います。 

譲渡会に参加予定の保護犬はまた後でお知らせします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


日曜日はお天気の心配はなさそうですが、寒いみたいですので、
がっつり着込んで来てくださいね。

また、防寒対策はしますが、それでも保護犬たちが寒がるようであれば、
終了時間を少し早めに切り上げる場合もありますので、
なるべく早い時間にお越しください。

たくさんの新しい出会いと
懐かしい顔との再会がありますように…

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい


button21.gif




    スポンサーサイト

    | 保護犬「バルーン」 | 02:54 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    バルーンに家族ができました

     
     
     
    これは病院で『異物』が無事に出た日

    駆けつけてくれたココママさんに甘えるバルーン

    2011-12-102009_53_04.jpg


    この時は私もココママさんも「これでもう大丈夫」と安心していました。

    「バルーンをよろしくお願いします」と言われて
    私も「はーい♪」と答えました。

    車の後部座席の足元に
    ちょこんと座るバルーンが可愛かったので写真に残しました。

    2011-12-102010_03_33.jpg


    この数時間後に急変しました。

    夜間救急病院での様子はmisaさんみ~♪さんがブログに書いてくれた通りです。

    救急病院で朝5時まで過ごした後、
    そのまま掛かりつけの病院へ向かい駐車場で受け付け開始時間を待ちました。


    救急病院からの引き継ぎのカルテを見て、
    先生は迅速に対応してくださいました。

    しばらく入院することになり、バルーンを預けて一度家に戻りました。

    私が帰った後、ココママさんもバルーンに会いに病院へ行ってくれました。



    その日の夜、バルーンの様子を見にまた病院へ行きました。

    うーちゃんも心配して同行してくれました。



    バルーンは座って、
    看護師さんからシリンジで缶詰を食べさせてもらいました。

    最初の二口ほどは食べたそうにしましたが、
    それ以降は口を動かそうとはしませんでした。

    座っているだけで疲れるようでした。

    毛布を敷いて横にさせて、しばらく体を撫でていると
    もぞもぞと後ろ足を動かし始めました。

    しばらくするとウンチが出てきました。

    自分ではいつものように踏ん張ってウンチしているつもりやったのかな…



    20分ほど面会して、
    バルーンに「また明日来るからね」と声を掛けて帰りました。


    その日の夜中に先生から電話がありました。




    翌朝、バルーンを家に連れて帰り、
    misaさん、うーちゃんも一緒に慌ただしくお寺に向かいました。

    お寺で待ち合わせたココママさんも合流して4人で見送りました。

    2011-12-122013_12_06.jpg


    一番撫でてほしかった人にいっぱい撫でてもらったね、バルーン(^^)

    2011-12-122013_12_20.jpg





    昨日、届いていたお花も一緒にお骨をココママさん宅に届けてきました。



    りあるママさんから

    IMG_2602.jpg



    アネラ&ミントママさんから

    IMG_2599.jpg



    かりあらママさんがお葬式の日に
    仕事帰りに自宅に持ってきて下さったお花

    IMG_2605.jpg

    お寺に出掛けた後で棺に入れてやることができなかったので、
    一緒に飾らせてもらいました。





    ずいぶんコンパクトになっちゃったけど、
    バルーンは一番帰りたかった家に帰ることができました。

    IMG_2613.jpg




    これからは預かりっ子ではなく、
    家族として大切に供養してもらうことになりました。



    2011年12月吉日

    バルーンはレモピ学園を卒業しM家バルーンになりました。





    バルーンを応援して下さったみなさん、ありがとうございました!

    20110803194728dc4.jpg













    バルーンにたくさんのお悔やみの言葉をいただきありがとうございます。



    ココママさんとmisaさんに
    バルーンに掛かった医療費を立て替えてもらっています。

    今の私にはすぐに清算できる余裕がありません。

    『フリマがんばろう!』ってみんなが言ってくれてるので、
    分割で支払って行くつもりです。

    仲間たちがそれぞれのブログで書いてくれたように
    私たち『わんLOVE』メンバー全員で乗り越えていきます。





    悲しみに沈む暇もなく、
    バルーンのお葬式から帰ってすぐに保護依頼があり、
    昨日新入りが2匹入りました。

    お披露目できていない新入りもまだ2匹いるというのに。



    我が家が満杯状態なので、
    うーちゃんがキャバリアを、misaさんがパグを預かってくれました。

    我が家には今、
    桃太郎・ごまちゃん・新入り1・新入り2・新入り3・新入り4がいます。



    募集中の子たちもたくさんいるし、
    トライアル目前の子もいます。

    また、それぞれのゴールを目指して進んで行きますので、
    これからも応援してやってくださいね。

    にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい


    button21.gif





      | 保護犬「バルーン」 | 20:40 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

      ≫ EDIT

      お知らせ

       
       

      今先生から電話をいただきました。




      バルーンは頑張って頑張って頑張りぬいて


      先ほど天国への階段を昇りました。





      昨日救急病院へ行かずに
      家で見送ってやった方が良かったのかもしれません。

      私の決断はバルーンをより苦しませただけかもしれません。




      バルーンの回復を願って下さったみなさん、
      力不足でこんな結果にしてしまって申し訳ありません。

      今は気持ちの整理がつきませんので、
      詳しいことはまたあらためてお知らせします。

      朝一番でバルーンを迎えに行ってきます。

      にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい


      button21.gif




        | 保護犬「バルーン」 | 00:54 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

        ≫ EDIT

        急変しました

        夜になってバルーンが急変し、
        命が危ない状況に陥ったので
        夜間救急病院に走りました。

        朝5時までにできる限りの救命措置をしていただき、
        今瀕死の状態のバルーンを乗せて
        掛かり付けの病院に着きました。

        受け付け時間まで車の中で待機します。

        一緒に行ってくれたmisaさんに
        後ほど状況を彼女のブログで説明してもらいます。

        取り急ぎお知らせまで。

        にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい


        button21.gif



        | 保護犬「バルーン」 | 06:39 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

        ≫ EDIT

        出たーーーーっ!!

        異物出ました!!

        まだ安心というわけではありませんが、
        緊急手術は回避できました。

        今は出先からなので
        また今夜にでも詳しく報告します。

        ご心配いただきありがとうございます。

        | 保護犬「バルーン」 | 14:59 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

        | PAGE-SELECT | NEXT