笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「HOPE」…きぼう…

 
 
 
良いタイトルだったので、そのまま使わせていただきました。

「HOPE」…きぼう…



古くからの読者さんたちにとっては「ホープ」の名前はお馴染みで、
ある意味超有名犬でした。

卒業するまで『一年半』の記録は燦然と輝き、
今後、これを更新する猛者は果たして現れるのかどうか!?
(現れてほしくはないですが(-_-;))



なんで有名だったか知りたい人で「暇やし~」と言う人は
カテゴリー「ホープ」を読んでみてくださいね(^^)



私の一番お気に入りの写真です♪

CAIXWMDP_20110507170023.jpg





トライアルの日、
ホープを届けた帰りにPままさんとお昼ごはんを食べました。

最悪の場合、ホープも一緒に帰ることも考えていたので
「二人だけでごはん食べられるとは思えへんかったねぇ。」と言いながら、
Pままさんも私も脱力感と言うか、疲労感と言うか、ヘロヘロ状態でした。


Pままさんはお見合いが決まってからずっと、心臓が縮こまる毎日だったそうで、
「こんな思いは二度としたくないからトライアル中止になって帰ってきたら、
もう募集は止めて、うちの子にする」と言ってました。


ゴールしてほしい気持ちはもちろんありましたが、
『ちょっとばかり難しい子』やったもんで(;^_^A
話がまったくない間はずーっとヤキモキし、
【お見合い】の関門をクリアするまではドキドキし、
【トライアル】の関門をクリアするまではヒヤヒヤし、
【譲渡】になった時は嬉しいというよりヘニャヘニャになりました。


もうずっと一緒に暮らしていなかった私でさえそうやったから、
Pままさんはその何倍もの心労があったと思います。

譲渡の報告をした時も大喜びと言うより、
二人でしみじみといろんな思い出話を語り合いました。





譲渡になったからといって、
HOPEと里親さんご家族はすぐに「一つの家族」になれるはずもなく、
今もそしてこれからもずーっと進化形でより深い絆で繋がっていくと思います。


里親さんのブログは「みなみん家」

9月18日の記事のタイトルが「HOPE」…きぼう…





一年半以上経った今も
私の左の手のひらにはホープの犬歯の跡が残っています。


私が「HOPE」と名付けた想いは
「みなみん家」にしっかり受け継がれました。




みなさん、どうぞHOPEのこれからを見ていて下さい。

「みなみん家」が希望を持ち続ける限り、HOPEは変わっていくはずです。

微力ながら、Pままさんも私もその手助けをしたいと思っています。

私たちもまた希望を持ち続けていたいから…






最後に

夢や希望はどんどん膨らませていいけど、
HOPEの体は今より膨らまないようにお願いしますね(^_^;)

もうじゅうぶん「幸せ太り」になってますから~














フリマ&譲渡会のお知らせです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日時 : 9月23日(金)秋分の日

時間 : 12:00~17:00

場所 : イオン箕面店横 かやの広場

      箕面市西宿1-14-35

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


おかげさまでフリマのお手伝いは十分な人数が集まりました。

今日までにメールしてくださった方には今日中にメールしますね。

次回の予定もすでに決まっていて、10月29日です。
来月もどうぞ力を貸して下さい。

今のところお天気も大丈夫そうやけど、
前日までの雨が長引かないことを祈ります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい



button21.gif




    スポンサーサイト

    | 保護犬「ホープ」 | 03:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    『家族』

     
     
     
    フリマの報告がまだなんにもできていなくて申し訳ありません。


    当日はフリマ以外にも重要な用事がありました。




    すでにいろんなブログでご存じの方も多いでしょうが、
    その一つがHOPEの正式譲渡。


    3週間も前に正式譲渡のご希望をいただいていたのに、
    手続きにお伺いすることができないままになっていたため、
    フリマ当日にわざわざみなみん家のご家族が出向いて下さいました。



    来て下さったのは、お父さん、お母さん、三男君と四男君。

    もちろん主人公のHOPEも一緒です(^^)

    IMG_8988.jpg


    HOPEは途中で何度かワンワンと吠えたりしてたけど、
    あんなにガヤガヤしていた場所なのに、
    思っていたよりずっとずっと落ち着いていました。


    誰かを噛んだりもしませんでした(^^ゞ

    IMG_9002.jpg



    当日、実物のHOPEを見た人は
    「聞いていたよりずいぶん大人しそうやん。」と思ったんじゃないかな?


    それはHOPEに本当の家族ができたからです。



    HOPEはPまま家でも
    とてもリラックスして落ち着いて過ごしていました。

    みなみん家とPまま家に共通していることは
    「HOPEから逃げない」と言うことです。

    常に正面からHOPEと向き合ってくれました。


    今もHOPEは噛むことを忘れたわけではありません。



    でも、みなみん家は

    HOPEから逃げない。

    HOPEに背を向けない。




    家族だから。






    2ヶ月前はPままさん以外に
    HOPEを抱ける人が現れるとは思ってもみませんでした。

    IMG_9010.jpg



    私がもうとうにできなくなっていることを
    みなみん家はだれもができるんです!

    IMG_9029.jpg


    家族の力ってすごい!




    譲渡手続きについては
    「みなみん家」でいっぱい報告されていますので、
    ご覧になって下さいね。


    あの日、帰りにドッグランに行ったのには驚きましたオオーw(*゚o゚*)w

    やるなぁ!



    HOPEはこれからも【普通の家庭犬】として
    みなみん家と一緒に過ごして行きます♪



    HOPE!

    心からおめでとう!


    君を保護して良かったよ…










    おめでたい報告がもう一つ。

    黒ラブのアインちゃんも無事に正式譲渡になりました。

    これからはI家の『ソラちゃん』として家族に愛され、
    毎日広々とした環境で過ごすことができます。

    2年間犬小屋に繋がれたままのアインに用意されていた最高のプレゼント!

    また幸せ写真が届いたら見てやってくださいね(^^)








    次は「HOPE・アインに続け!」とばかりにがんばっている
    後輩たちの話です。

    にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ← 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい




    ロカリサーチさんのプロモーションです。

    夏はこれからが本番!今からでも間にあいますよ~

    『マイクロダイエット』 ↓ ↓ ↓





    button21.gif




      | 保護犬「ホープ」 | 15:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

      ≫ EDIT

      ゴールではなくスタートです

       
       
       
      このブログを紹介できる日を一ヶ月ずーっと待っていました。


      ブログ名は 『みなみん家』


      カテゴリーは 『HOPE』



      ぜひ読んでください!

      できればカテゴリー『HOPE』の一番最初から読んでみてください。
      (read more?とあるものはクリックすると先が読めます。)










      6月19日のトライアル開始からちょうど一ヶ月後の本日7月19日。


      ホープは正式譲渡になりました。


      2009年の1月に保護してからもうすぐ一年半になります。






      ホープと正面から向き合うことがどれほど勇気がいることかは
      ホープと実際に暮らしたことのある人にしかわかりません。


      いつもなら保護犬のゴールは私や預かりさんにとってもゴールです。




      でも、みなみん家とホープは一つの家族として、
      今スタート地点に立ったばかり。


      家族として、より絆を深めるためのこれからの一歩一歩を
      Pままさんも私もできるかぎりサポートしていきたいと思っています。





      噛まれても、また、さっき自分を噛んだ犬を撫でる。

      噛まれても、また、さっき自分を噛んだ犬を抱く。





      あなたにはできますか?





      犬を飼うこと。

      一つの命を迎え入れること。

      家族になること。




      私もまたたくさんのことを『みなみん家』から教わりました。






      私はもっともっと犬のことを理解したい。

      ホープを「噛む犬」から「噛まない犬」にしてやりたい。

      みなみん家とホープが笑顔でいられる日を増やしたい。



      私にとっても今日はゴールではなくスタートです。








      近々、預かっているお祝い品と
      ホープの大好きなおもちゃを持って正式譲渡の手続きに行ってきます!

      にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい




      ロカリサーチさんのプロモーションです。

      夏はこれからが本番!今からでも間にあいますよ~

      『マイクロダイエット』 ↓ ↓ ↓





      button21.gif




        | 保護犬「ホープ」 | 23:58 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

        ≫ EDIT

        嵐を越えて

         
         
         
        昨日はまるで嵐のような雨風でした。

        悪天候の中、あるところへ出掛けました。





        なんとか無事にたどり着いた先で出迎えてくれたのは…

        IMG_7147.jpg

        IMG_7155.jpg


        ご存じPままさんと、預かり最長記録を更新中の「ホープ君」





        こうして写真を見ていると、
        飼い主さんに甘える愛犬の微笑ましい図に見えますよね。

        (実際にPままさんには甘えまくりやねんけどね)


        またこんなことを書くとPままさんに
        「レモピさんがさも難しい犬みたいに書くからほーちゃんが誤解されるんやわ!」
        と怒られそう(^_^;)


        この笑顔を誰にでも向けてくれたら
        言うことないんやけどねぇ、ホープ君!





        さて、もうおわかりですね。




        昨日はホープのお見合いでした。




        天気が良ければ、
        ホープもよく連れて行ってもらっている農業公園で散歩してから
        Pままさん宅へ行く予定でしたが、あいにくの天気だったために
        急遽希望者さんご家族に直接Pままさん宅まで来ていただくことにしました。



        もうすぐ自分の運命を決める出会いになるかもしれない時がくるとは
        想像もしていないホープ君にどんな結末が待っていたのでしょうか!!!




        希望者さんはご夫婦と4人の息子さんの賑やか家族さん。

        お見合いにはご夫婦と三男君、末っ子君が来てくれました。




        こんなにたくさんのお客さんを出迎えたことのないホープは
        興奮して吠えまくり。

        慣れるまでハウス越しの対面

        IMG_7175.jpg

        IMG_7177.jpg



        恒例のPままさんの手料理をごちそうになっている間も
        まぁうるさいことうるさいこと!

        IMG_7182.jpg



        この日のごちそうは具だくさんのそうめんとお稲荷さん。

        IMG_7185.jpg

        IMG_7186.jpg

        もちろんお稲荷さんも手作りです(^^♪



        たらふく食べてデザートまでしっかりお腹に収めてから、
        (たらふく食べたのは私だけやけどヾ(´▽`;)ゝ)
        ホープをハウスから出して遊んでいただきました。

        お兄ちゃんにボールを投げてもらったりもしました♪

        IMG_7195.jpg


        フリーにした時から
        私はいつ誰かが噛まれるかと心配で心配でハラハラし通しでしたが、
        興奮して吠えたてたりしながらもそれなりに楽しそうな表情も見せたホープ。


        なんとか無事にお見合いを終えられるかもと少し安心した矢先に…








        末っ子君の手を噛みました。





        末っ子君が特に何をしたわけでもなく、
        近づいてきたホープに手を伸ばした時にガブリ!


        いつもの本気噛みではなく、
        ホープなりに手加減したようで、歯型はつきましたが、
        穴が開くことはなく血も出ませんでした。


        でも犬を飼うのが初めてのご家族で、
        犬と接する経験も少なかっただろうし、
        ましてや犬に噛まれるなんて初めての経験です。

        痛さ以上にショックは大きかったと思います。




        「あー、終わった!」と思いました。





        お見合いが決まった時にPままさんと
        「結果がどうなろうとも『ホープを』と希望して下さっただけで嬉しいね♪」
        と話をしました。

        ほんとうにその通りで、
        嵐の中をご家族でホープに会いに来て下さったことに
        感謝したい気持ちでいっぱいでした。

        今日はそれだけでも実りある一日になったと思いました。







        でも、ご家族は末っ子君が噛まれた後もすぐに帰ろうとはせず、
        ハウスに逆戻りになってまた吠え続けているホープを見続けてくれました。


        それからしばらくしてお父さんが家族に向かってこう言われました。

        「お父さんはホープ君を家族に迎えたいと思うけどみんなはどう?」


        だれも反対する人はいませんでした。



        お父さんはこうも言われました。

        「興奮していない時のホープ君は優しい目をしている」







        「夢か!」と思いながら、
        「上のお兄ちゃんたちの意見もあるでしょうから、
        家に帰ってよく相談されてからお返事下さい。」とお願いしてお見合いを終えました。




        その日の夜、

        「ホープ君をうちで迎える方向で進みたいと考えています!」

        とメールをいただきました。








        ほんとうにありがとうございます。

        ホープを実際に見て、末っ子君が噛まれるという事態になって、
        それでも「トライアルを」と言って下さったことに心から感謝します。

        正直なところ、このまま順調に譲渡まで進むとは思っていません。

        でも、ほんのかすかに
        「もしかしたらあのホープに本当の家族ができるかもしれない」
        と思いたくなりました。



        どうかホープと正面から向き合って下さい。

        Pままさんと私も全力でサポートします。

        できる努力はすべてして下さい。



        そして、それでもダメな時は「ダメでした」と言って下さい。

        どんな結果になろうとも
        私とPままさんが掛ける言葉は『ありがとうございました!』

        その一言です。













        次は一足先にゴールした「新種の猫」と呼ばれたあの子の話です(^^)v

        にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ← 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい


        button21.gif




          | 保護犬「ホープ」 | 01:38 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

          ≫ EDIT

          「いつでも里親募集中」ホープ編(三度目の正直なるか!)

           
           
           
          Pままさんを散々待たせ続けたホープの「いつ里」掲載。

          先ほどやっと完了しました。




          ホープの本質をどう伝えるか!!

          これが難しいんですよ。




          掲載内容は前回、前々回とそれほど大きく変わったわけではないですが、
          今回は「メリハリをつけた生活」でホープの興奮を抑えることをポイントにしました。

          なんとか里親さん宅での最初の数週間を乗り切ってもらいたいと思っています。



          ホープは極度の興奮状態になると発作的に噛む行動に出てしまいます。

          上手くホープと暮らすには「いかに興奮させないようにするか」

          これに尽きます。



          幸いホープは興奮状態から冷めるのも早いので、
          興奮したらケージに入れて放っておくだけで、
          しばらくするとケロッとしてご機嫌さん状態に戻ります。

          どんな時もおやつで釣ったら自分からケージに入りますので、
          対処としてはそれほど難しくありません。

          前回のトライアルでは最初からフリーにしてしまったので
          ホープの興奮を止めることができませんでした。

          その反省も踏まえて、希望者さんには必ず
          ホープが落ち着ける場所(ケージ・ハウス)作りをまずしていただこうと思っています。

          今のPままさん宅での生活に近い環境なら
          興奮を最小限に抑えることができます。

          決して不可能なことではないので、
          希望を捨てずにホープの運命の日を待とうと思います。






          「いつでも里親募集中」掲載内容です。

          http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-58781.html

          □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

          CAIXWMDP_20110507170023.jpg

          CA0BBPK1.jpg

          CA6LAFFR_20110507170022.jpg

          CA48PA15.jpg

          CAR4ZXMI.jpg

          CAGS20VH_20110507170020.jpg

          IMG_5818.jpg


          【場所】大阪

          【仮名】ホープ

          【犬種】Mダックス

          【性別】オス

          【年齢】4歳くらい(獣医師の診立てによる)



          【健康状態】

          体重5.2kg(保護時3.5kg)
          2010年2月 混合ワクチン接種済み 健康診断済み 去勢手術済み
          2011年4月 混合ワクチン接種済み
          2011年5月 狂犬病予防注射予定
          フィラリア(-)



          【性格】

          2010年1月に保健所からレスキューしてからすでに1年4ヵ月が過ぎました。
          人気のMダックスでまだ年も若く毛艶も良く、男の子らしい凛々しい顔つきのきれいな子です。

          普通ならとっくに良縁に恵まれて家族に愛されて暮らしているはずですが、
          ホープは今も一時預かりさん宅で居候中です。

          どうして長く里親さんが決まらないのか!?

          少々問題を抱えた子だからです。


          保護した時はわずか3.5kgしかなく背骨や骨盤が浮き出ていました。
          口輪の跡がくっきり残り、暗く沈んだ瞳をしていました。
          (最後の写真がやせっぽちだった保護当初です)

          保護した日に私の手を思い切り噛みました。
          首輪を付けられるようになるまで3日掛かりました。

          正直なところ、最初は「大変な犬を保護してしまった!」と思いましたが、
          一週間経ち、二週間経ち、一ヶ月経つにつれて目に見えてどんどん変わっていきました。

          その後、一時預かりさん宅へ移動し、
          愛情をいっぱい注いでもらって落ち着いた環境で
          さらに良い方向へと変わり続けています。

          預かりさん宅では内弁慶な甘えん坊の性格全開で
          「ほーちゃん、ほーちゃん」と可愛がってもらっています。

          ホープの問題点は「極度の興奮状態」に陥ると唸ったり噛んだりしてしまうことです。

          足を触られるのが嫌とか、食べ物を取られまいとして噛むとか、
          噛む理由がはっきりしている犬はまだ対応しやすいのですが、
          ホープは興奮状態ではない時は大丈夫なことでも興奮状態の時は同じことをしても噛みます。

          逆に言えば興奮状態ではない時は何をしても大丈夫なんです。

          気が弱く内弁慶なので、獣医さんに行っても問題はまるでなし、
          トリミングでもいつも「お利口さんでした」と褒めてもらえます。

          難しい子ではありますが、
          できるだけ興奮させないようにしてやれば落ち着いて暮らせる子です。

          水遊びやボール遊びが大好きなので一緒に遊んでやって下さい。

          預かりさん宅ではケージ中心の生活から始めて、落ち着いている時はフリーにして、
          興奮してきたらハウスに戻して落ち着かせるということを繰り返して
          徐々にフリーの時間が長くなるように慣らせてきました。

          里親さん宅での新しい生活が始まると、
          最初は興奮しやすくなって唸ったり噛んだりすると思います。

          でも我が家でも預かりさん宅でも落ち着いて暮らせるようになったように
          里親さん宅でも徐々に興奮を抑えて落ち着いて生活できるようになるはずです。

          必ず変わりますので長い目で見てやってください。

          笑顔の写真はみんな預かりの仮母に向けられています。
          これはいつか本当の家族に向けられる笑顔です。



          【経緯】

          保健所からレスキューしました。

          保護ブログにホープの性格や日常の様子が載っていますので、必ず読んでください。
          保護してから今までのホープの変化を見て下さい。
          誰にでも簡単に飼える子ではありませんが、もともとは繊細で甘えん坊な子です。

          困難を乗り越えて固い絆で結ばれた
          本当の家族になってくれる人をホープは今日も待っています。

          ホープ(HOPE)と言う仮名は
          「いつか本当の家族に巡り合えるまで希望を捨てずに歩き続けよう」
          との願いを込めて私が付けました。
          私もまだ希望を捨ててはいません。

          保護ブログ「笑顔を見せて」(カテゴリー・ホープ)
           → http://lemoppi.blog81.fc2.com/blogl-category-19.htm



          里親さんの条件は以下の通りです。

          ◆ペット飼育可住宅にお住まいでお留守番の少ないご家庭
          ◆小さなお子様がいらっしゃらないご家庭
          ◆先住動物(犬・猫)がいないご家庭

          ◆ご家族全員が里親になることに賛成の方
          ◆毎年のワクチン・フィラリア予防・狂犬病注射等適切な健康管理をしていただける方
          ◆毎日十分なお散歩をしていただける方
          ◆室内飼いで、脱走・迷子防止に努めていただける方
          ◆事前に飼育環境の確認をさせていただける方
          ◆譲渡時に契約書にサイン捺印することを了承していただける方
          ◆定期的にブログやメールなどで写真を添えて近況報告をしてくださる方
          ◆こちらからお届けしますので、大阪から車で2時間以内の地域にお住まいの方
           (遠方の場合は交通費の実費負担をお願いすることがあります)
          ◆保護中に掛かった医療費等を一部ご負担して下さる方

          1週間のトライアル期間後、双方の合意の元に正式譲渡とさせていただきます。

          譲渡条件を守られる方のみアンケートフォームを送信してください。
          他犬にも応募されている方はご遠慮ください。

          アンケートフォーム ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=548899

          要件を満たしていない時はお返事できないことがあります。

          また、応募が殺到した場合、
          お返事まで1週間程度かかる場合がありますのでご了承願います。

          一生懸命考えてお返事させていただきます。

          携帯メールへは送信エラーになることがよくあります。
          受信設定をご確認ください。

          良いご縁になりますようにと願っています。

          □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



          ホープの募集に関しては、赤字にあるように

          小さいお子さんがいらっしゃらないこと

          先住動物がいないこと(一頭飼い)


          の2つを条件に加えました。

          どちらもホープがより落ち着いて暮らせるための条件です。







          今度こそ三度目の正直で良いご縁に巡り合えますように…

          にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ  ← 保護犬猫の未来のためにポチっと押してやって下さい



          | 保護犬「ホープ」 | 21:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

          | PAGE-SELECT | NEXT

          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。