笑顔を見せて

飼い主のいないわんこたちの幸せ探しを手伝います。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もう「仮」とは呼ばないで

 
 
 
本日二つ目の更新です。

明日にしようかと思いましたが、

とっても嬉しい報告なので待ち切れずにアップしちゃいます。



まだペコちゃんのトライアルの記事をご覧になっていなければ

先にそちらを読んでやってくださいね~!

『ウーッ!ハッ!!』



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




意味深な終わり方をした前の記事。

誰よりも私自身が一番待ち望んでいた報告ができる日がやってきました。



これが誰かわかりますか?

CA7AQ4O3.jpg




昨年11月に保護したシーズーミックス4匹のうち、
まだ里親さんが決まっていない『ルル』


いつ以来のお目見えになるやろうか…




調べてみたら3月にお見合いした時に一日里帰りをして、
毎日一緒に添い寝してくれた仮父から離れて一人寂しく眠る姿以来でした。

お見合いは残念ながら不調に終わりました。

その時の記事はコチラ ⇒ 「未来の里親さんへ」




2月に一時預かりさんを緊急募集した時に
リックの里親さんのdinoちゃんが「実家で預かりますよ」と言ってくれました。

実家のご両親は里親制度や預かりのシステムを全くご存じないまま、
犬を預かることで役に立つならと引き受けて下さいました。

言葉では「預かり」の意味を説明はしてありましたが、
ルルのお見合いが決まって、迎えに行った時に
「あ~、預かりってこういうことか」と実感されたそうです。



「可愛いルルちゃんにもう会えない」と落胆されていましたが、
ルルちゃんが幸せになるならと笑って見送って下さいました。

お見合いがうまくいかず
翌日にまたルルを連れて行った時のご両親の嬉しそうな顔を見て、
結果は残念やったけど、これで良かったかもしれへんなぁと思いました。




少し警戒心が強くて人見知りをするルルが
最初にご両親のお家へ連れて行った時からべったり甘える様子を見て、
「このまま飼い続けてもらえたら」という思いが強くありました。


ご両親もルルのことがとても可愛くて、
気持ちは最初から「飼い主」でした。


dinoちゃんに「このまま里親さんに」という話をしてみましたが、
とても責任感の強い彼女はご両親の年齢がどうしても気がかりで、
自信を持ってルルちゃんの一生に責任を持つとは言えないからと、
期限なしの預かりを続けながらルルちゃんの良縁を待ちたいということでした。

それで一応ルルの里親募集は継続はしていましたが、
ご両親の気持ちを考えると積極的に里親さんを探す気にもなれず、
中途半端な扱いのまま数カ月が過ぎました。



その間にも後から来た保護犬たちが
続々と本当の家族が決まり卒業していきました。

4匹のシーズーミックスの中で残っていたヴィヴィにも
運命の出会いがあり旅立っていきました。

どの子もみんなすばらしい里親さんに恵まれて
幸せそうな近況報告も次々に届いています。

卒犬たちの幸せそうな様子を嬉しく思うと同時に
同じように幸せな生活をしているのに
ルルにはいつまで経っても「仮」の父母と「仮」の家であることが
可哀そうな気がしていました。



ルルは今とっても幸せで、「ここが自分の家」と思っていて、
ご両親もルルと一生一緒に暮らしたいと願って下さっている。

ルルのためにご両親のために
「仮」の名を取ってやるのが保護主の責任ではないかと考えました。



そして、
dinoちゃんに「私が万が一の時の後見人になる」という条件で
ご両親に里親さんになってもらう了解を得ました。

dinoちゃんは「じゃあ万が一の時はよろしく!」と考える人ではありません。

「命の重さ・大切さ」をしっかり受け止められる人なので、
ルルがこの先不幸になることはありません。

だからこそ私も保険のそのまた保険として
「最終責任者」になる覚悟ができたんです。

ご両親もルルを守るという張り合いができたことで、
きっとルルを最後まで看取って下さるのではないかなと思います。




昨日dinoちゃんが実家に帰り
「ルルともう離れなくていいよ」と知らせてくれました。

「仮」父母から本当の父母になった記念の家族写真を撮って送ってくれました。


いただいたメールと合わせて報告します。




経過を両親に説明すると、
「これでルルちゃんはもうどっこもいかんでいいで~」と
とっても喜んでました。

CALRS9MN.jpg


父の表情からも解って貰えるとおもいますが・・
ルルちゃんにばあ~してる姿少し引きました(娘的には)

CATYVFCA.jpg
思わず「ばあ~」してしまうほどルルが可愛いんやとフォローしておきます(;^_^A



会話も減ってきた両親に笑顔をくれたルルちゃんに感謝です!
両親もレモピさんにくれぐれもお礼を言ってねと伝言ありました。



実は実家は、ひっそりと美容室をしていまして(知ってました?)

ルルちゃんはお客さんが来ると奥の部屋から母を押しのけて
一番に走って行くそうです、

お目当てはお客さんになでて貰う事。

おばあさん達に可愛がってもらってるみたいですよ

で、お店で撮った写真送るの忘れてたので追加です。

CA5Z5CI1.jpg

CAE3BB7S.jpg

CAAC1L9B.jpg
毛もツヤツヤ!
すでに卒犬恒例の幸せ太りになっているような…



母がシニアとシニア犬の組み合わせは最高に良いと力説してました!








これなんかルルとご両親の毎日の生活が手に取るようにわかる写真ですね。

性格も動作もゆったりまったりのルルちゃん。

これからもゆるやかな時の流れの中で穏やかに暮らしてほしいです。

CA51P4T3.jpg




dinoちゃん、押しつけ里親を了解してくれてありがとう♪

やっぱりこれで良かった♪と思っています。


お母さんお洒落やなぁと思ってたけど、
現役の美容師さんやったんや!!

夏バテでヘロヘロの私なんかよりずっとお元気です(^^)


近いうちにご実家の電話番号が入った新しい迷子札を持って
ルルに会いに行きますね♪






2010年8月30日

一番古株の保護犬ルルに本当の家族ができました。


ルルちゃん卒業おめでとう!



みなさん長い間応援ありがとうございました。







卒業の報告はほんとに嬉しいものです。

ルルの卒業を祝って
どうぞポチっと押してやってください。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ←←← ポチっと押してやってくださいね。


前回のプロモーションビデオでは
毎日飽きるほどクリックしていただきありがとうございました。

あのうんざり毎日クリックがまたやって参りましたヾ(´▽`;)ゝ

今回は【ダスキン『数字でエコのタネ』のプロモーション】です。

「またか~」と思いながらでも毎日クリックのご協力よろしくお願いします。











【みなさんのご協力により保護犬の生活必需品が購入できます。ありがとう】

【お買い物をするならこちらから】





犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ニッセン

icon
icon

オルビス











【ただいま里親募集中】

写真をクリックすると「いつでも里親募集中」のページにジャンプします。


仮名ホープ ♂ Mダックス 推定3歳~4歳
CA1QI7GR_convert_20100703133453.jpgs.jpg


希輝(キキ) メス Mダックス 9歳
37138853_3850454919_convert_20100406202549_20100426142416.jpg



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
            迷子犬を探しています
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

o0170020610564597884.jpg          091207_165824_20100426143724.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




    スポンサーサイト

    | 保護犬「ヴィヴィ&ルル」 | 17:18 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    それでも『噛み犬』と呼びますか?

     
     
     
    「何度も噛んだ噛んだって言わないで!」とヴィヴィに怒られそうやけど、
    ヴィヴィは保健所の職員さんを噛みました。


    飼育放棄で保健所に持ち込まれた
    チロル・小梅・ルル・ヴィヴィのシーズーミックス4匹を保護しようと考えていた時、
    やはり『噛み犬』ということが心配でした。



    飼い主の裏切りで傷ついた心。

    保健所という特殊な場所に連れて行かれた恐怖。

    いきなりの知らない犬どうしの共同生活。



    いつもは大人しい犬でさえ噛んだとしても不思議ではありません。



    こればかりは引き出して実際に接してみないとわからないです。

    ヴィヴィを保護することに躊躇はありませんでしたが、
    「一生我が家で暮らすことになるかも」との覚悟はありました。




    我が家に到着した日にはバリケンから出てくるのに2時間掛かり、
    その後もコマネズミのように逃げ回っていましたが、
    2日ほど観察しただけで『ただのビビり』やとわかりました。


    顔はとっても愛らしく、もともとの性格は好奇心旺盛な甘えっ子でした。



    里親さんはすぐに決まるだろうと思ったのに、
    「噛んだ」という事実で敬遠されたのかなかなかご縁に巡り合えず、
    保護してから半年が経過しようとした時に運命の出会いが訪れました。


    メールをいただいてから話はトントンと進み、
    お見合い・トライアル・正式譲渡と
    保護主としては毎回こんな具合やといいのになぁと思える良いご縁でした。



    約2週間ぶりに会うヴィヴィ。


    また「不審者が来た~!」と大げさに吠えたてられるかと覚悟していたけど、
    玄関で一瞬吠えた後
    「あれ!?このおばちゃん知ってるわ」という態度に変わりました。

    ちょっと体を強張らせながらも抱っこもできました♪

    たぶんもう1ヶ月もすると
    「見たこともない馴れ馴れしいおばちゃん!」に
    なってしまいそうな気配がプンプンしてたけどね(^_^;)



    いいんですよ、別に!

    もうあたしやPままさんが「知らんおばちゃん」になってもさ!



    それはイコールK家が自分の家と安心できている証拠。

    Kファミリーのことを自分の家族と思ってる証拠やから。





    パパさんに撫でられてまったりもできるようになってたし

    IMG_7888_convert_20100523004310.jpg



    顔を隠すのがもったいないくらいの満面笑顔

    IMG_7907_convert_20100523004350.jpg

    IMG_7913_convert_20100523004445.jpg



    Kさん!

    ヴィヴィは噛み犬ですか?



    違いますよね!



    人が好きで甘えたの可愛い可愛い女の子ですよね!




    本当のヴィヴィの姿を見てくれてありがとう。

    ヴィヴィの心を想ってくれてありがとう。

    ヴィヴィを幸せにしてくれてありがとう。



    心からの感謝を込めてもう一度ありがとう。





    お願いしていた医療費のご負担分よりも過分にお支払い下さったことにも感謝します。

    また次の保護犬に使わせていただきますね。

    ヴィヴィが家族に加わったことでますます明るく楽しい毎日をお過ごしください。





    2010年5月22日

    ヴィヴィはレモピ保育園を卒園しました。




    にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ←←← ポチっと押してやってくださいね。

    今も保健所にヴィヴィと同じようなビビり犬が複数収容されています。

    老犬がいます。

    障害のある犬がいます。

    正直、保護することに不安はあります。

    個人ボランティアにとって里親さんが決まらない子を抱えるのは
    いろんな面できついです。

    今後の保護活動に支障が出ることも考えられます。

    それでも最高の幸せを掴んだヴィヴィの姿が勇気を与えてくれます。

    ヴィヴィの笑顔を思い浮かべながら、また一歩前進しようと思います。


    | 保護犬「ヴィヴィ&ルル」 | 01:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    ≫ EDIT

    幸せのジグソーパズル

     
     
     
    春ちゃんとテリーの里親募集開始でバタバタしてご報告が遅くなりましたが、
    ヴィヴィは正式譲渡になりました。


    里親のKさんからは毎日ヴィヴィの近況報告が届いていたので、
    正式譲渡になることに何も不安はありませんでしたが、
    やはり実際に【うちの子にします】と聞くとすごく嬉しいです。



    トライアル中にヴィヴィの預かり母のPままさんが
    コメントに書きこんでくれた言葉がとても心に残ったので、あらためてご紹介します。




    【幸せのジグソーパズル】


    私は、ヴィヴィの「幸せのジクソーパズル」の沢山のピースを持っていました。

    お出かけするピース、トリミングに行くピース、

    洋服作りのピース・・・そして色んな表情のピース・・・

    私は沢山のピースを持っていましたが、
    どうしても最後のピースは見つかりませんでした。

    先日やっと「お見合い」というピースを見つけることが出来ました!

    そして少なくともK様は「トライアル」というピースをお持ちでした。

    もうすぐヴィヴィの「幸せのジクソーパズル」は完成しそうです。

    K様のトライアル中に見せたヴィヴィの行動は、我が家でも全く同じです。

    私は、ひとつずつそのピースをはめてきました。

    どうか、K様もヴィヴィのいろんな表情や行動のピースをつないで、
    大きな幸せのジクソーパズルを作って欲しいな~って思います。





    Pままさんはヴィヴィのために大きな大きなジグソーパズルを用意してくれました。


    完成間近のジグソーパズルをKファミリーがさらに埋めていってくれました。


    トライアル中に埋まったピースの数々です。

    CABNKBZD_convert_20100521020640.jpg

    CAIXEY17_convert_20100521020922.jpg

    CAOWQ3WB_convert_20100521021008.jpg

    CAKT519O_convert_20100521020943.jpg

    CAHDIZ32_convert_20100521020850.jpg

    CAR5E6NF_convert_20100521021032.jpg

    CATIQIKT_convert_20100521021103.jpg

    CACI52E1_convert_20100521020720.jpg







    そして、これがヴィヴィの幸せのジグソーパズルの最後のピースです。

    CACZSZQH_convert_20100521020740.jpg




    Kさんから里親希望の問い合わせが来た時、
    小学生のお子さんがいらっしゃることが少し気になっていました。


    ヴィヴィはとにかく臆病で怖がりです。

    心を開く前に無理に抱こうとしたりすると恐怖のあまり噛む恐れがありました。

    トライアル中にお子さんを噛んで中止になるかもしれないなとの思いがありました。



    でもお見合いでお会いしたKさんご家族は3人ともとっても優しい人たちで、
    「ヴィヴィちゃんが心を開いてくれるまでいつまででも待ちます。」
    と仰って下さいました。


    あかりちゃんもそれをちゃんと守ってくれました。



    トライアルが決まり、ヴィヴィを残してK家を出る時に
    あかりちゃんが抱っこできるようになれば
    ヴィヴィの幸せ探しの旅はゴールを迎えるはずやと思っていました。




    ヴィヴィの幸せのジグソーパズルは最後の一枚がはめ込まれ
    大きな幸せの絵となって完成しました。


    これからはパパさん、ママさん、あかりちゃん、ポニーちゃん、
    そしてヴィヴィのKファミリーオリジナルのジグソーパズルを作って行って下さい。






    明日、またヴィヴィに「知らないおばちゃんが来た」と吠えられるのを覚悟して
    正式譲渡の手続きに行ってきます(^_^;)




    にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ←←← ポチっと押してやってくださいね。

    まだ赤い糸を探し続けている保護犬たちも
    それぞれのジグソーパズルを一つずつ埋めていってます。

    最後のピースを持った本当の家族と出会える日を夢見て…。


    Pままさん!
    そろそろ次の真っ白なジグソーパズルの用意をお願いしますね(o^-')b









    【みなさんのご協力により保護犬の生活必需品が購入できます。ありがとう】

    【お買い物をするならこちらから】





    犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

    ニッセン











    【ただいま里親募集中】

    写真をクリックすると「いつでも里親募集中」のページにジャンプします。


    仮名ルル ♀ シーズー×マルチーズ 推定5~6歳
    IMG_5107_org(2)_convert_20100215154751.jpg


    仮名テン ♂ チワワ 推定2歳~3歳
    IMG_6660_convert_20100322181214.jpg


    仮名ホープ ♂ Mダックス 推定3歳~4歳
    IMG_6551_convert_20100322165834.jpg


    リン メス チワワ 6歳
    CAZSHPY5_convert_20100414011415.jpg


    希輝(キキ) メス Mダックス 9歳
    37138853_3850454919_convert_20100406202549_20100426142416.jpg


    テリー オス テリアミックス 1歳
    IMG_7361_convert_20100420230706.jpg


    春 メス シーズー 5歳くらい
    IMG_7817_convert_20100519002914.jpg






    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
                迷子犬を探しています
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    o0150017510179761858.jpg          091207_165824_20100426143724.jpg

    詳細はコチラ
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




      | 保護犬「ヴィヴィ&ルル」 | 14:22 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

      ≫ EDIT

      ヴィヴィの最後の試練…【その3】



      毎日バタバタで気がつかなかったけど、
      ヴィヴィがトライアル生活に入ってからもう5日経ったんですね。


      ヴィヴィはものすごい怖がりやけど、
      本当は甘えたで好奇心旺盛な子です。


      Kさんご家族にもそのことは十分説明しました。


      「最初は逃げ回ると思うけど、慣れ始めたら急激にベタベタになる子なので、
      それまでとにかくひらすら待ってやってください」と。


      早く懐いてもらいたくて焦って、
      かえって恐怖心を煽ってしまうことも考えられたけど、
      Kファミリーならきっと大丈夫やと思っていました。


      お見合いの時、
      ヴィヴィに慣れさせるためにあかりちゃんにおやつをあげてもらいました。

      その時にパパさんは
      「立ったままあげるんじゃなくて座ってヴィヴィちゃんの目線であげなさい。」
      と仰ったんです。


      「あー、このご家族ならきっと大丈夫!」

      そう思いました。


      それで急遽、即トライアルをお願いしました。




      ママさんからは一日も欠かさず毎日近況報告が届いていますので
      一部抜粋してご紹介します。



      5月10日

      まだまだ、私には一定の距離を保ちつつ、
      気になるみたいで視界からいなくなるとついてくる状態です。

      リードをつけたいのですが、リードをつけようとするとすばしこく逃げるので、
      まだお散歩には行っていません(今日はちょうど雨でしたからね~)。

      ヴィヴィちゃんもお外には行きたいみたいで、玄関に行こうとはするんですが、
      リードやハーネスのひもがつけられないので、
      ポニーちゃんだけお散歩に行くと、かわいそうにヴィヴィちゃんは
      ポニーちゃんのお散歩が終わる間ずーっと玄関で吠えていました。

      おうちの中で、オシッコもウンチもシートに上手にしていました。

      心配なのが、朝ご飯をまったく食べてくれず、
      夕方になってもひとくちも食べてないんです。
      いただいたオヤツも見向きもしません。
      私が二階でパソコンをしていると階段を元気にのぼって見張りにくるし、
      すばしこく逃げるし、元気がないという感じではないんですが・・・。
      娘が学校から帰ってくると、今日も娘が動くたびに吠えていました。

      今夜はこれからご飯を食べてくれたらいいなぁと思います。

      ヴィヴィちゃんはブログで見ていた通り、くりくりした目でとってもかわいいです。
      見てるだけでおもしろいです。

      ヴィヴィちゃんがおひざに乗ってくれたり、
      頭をなでたりする日がくるのを家族みんなで楽しみにしています~。

      CA7O1RO0_convert_20100514230842.jpg





      5月11日(前日ヴィヴィが血便をしたと連絡が入っていました。)

      昨日は、夫も留守だったものですから、
      どうしたらいいかヴィヴィちゃんの血便で気が動転してしまって・・・
      お忙しいところに電話やメールをしてしまってすみませんでした。
      冷静になって、次の日病院に行けばよかったんですね。

      ゆうべは、あれから夜11時ごろに少しの量の血便をしました。

      寝るときは、みんなが二階に行ってもゆうべは吠えませんでした。
      いつでも二階にあがってきてもいいように寝室のドアはあけて寝ました。
      ヴィヴィちゃんは一度だけ2階の様子を見に上がってきてましたが、
      あとは下におりてリビングで寝ていたようです。

      便以外は元気にしていて、
      2階にもウサギのようにはねて元気に上り下りしています。

      今日は、朝9時に病院に便を持って行きました。
      「○○動物病院」という病院で、
      ポニーちゃんも我が家にきてからずっと6年お世話になっています。
      あちこち病院をみてまわってこのあたりで一番やさしい先生です!

      検査の結果、寄生虫はいないとのことで、
      たぶんストレスでのことでしょうとのお話で、ホッとしました。
      ヴィヴィちゃんは体重は5キロぴったりでした。

      なんと!
      ヴィヴィちゃんは病院で私に抱っこをせがんできて抱っこさせてくれました。
      病院がすごく怖かったんですね!
      ヴィヴィちゃんのことを抱っこできて、
      不謹慎にも私はきゅーんとなってしまいました。(でも意外と重かったです)

      病院ではうまく薬を飲んでくれなかったので抗生剤を注射してもらいました。
      おうちで飲ませる粉薬と、下痢のとき用のフードをもらいました。
      お薬はフードにまぜて飲ませます。
      早くウンチが元気になるといいです。

      おうちに帰ると、もうさわらせてくれませんでした~。


      CAGA4AGW_convert_20100514232555.jpg





      5月12日

      今日はヴィヴィちゃんは明け方にウンチをしましたが、
      コロコロしたウンチでした。病院からもらったお薬が効いてるのかな。

      ゆうべは、ヴィヴィちゃんは私の布団で寝ました。
      寝ようとすると二階までついてきて、ベッドのまわりをウロウロしていて、
      ついには布団をバリバリして「入れて~」とするので、
      布団に入れてあげたら、クークーと朝まで寝ていました。

      昨日の夜からお散歩から帰って足をふいたり、
      ドロドロになったお洋服を着替えさせたりしても大丈夫になりました。
      抱っこ抱っこ~するので、抱っこもできるようになりました。
      しっぽも上向きのときも(時々)あるんです。
      お散歩が大好きで、
      お散歩の準備をしているとヴィヴィちゃんに早く早く!とせかされます。

      ヴィヴィちゃんがお尻を床にこすりつけるので、
      肛門腺をしぼってみたら少し出てきたんですが、
      まだうまく出し切れてないのか、またこすりつけるので、
      明日は獣医さんでみてもらおうかと思います。
      獣医さんに教えてもらってポニーちゃんのはうまくしぼれるんですが、
      ヴィヴィちゃんのはまた場所が違うのでむずかしいです。

      娘や夫に対してはまだちょっと怖いみたいですが、私には慣れてくれてうれしいです。

      CA9QLL7Q_convert_20100514224241.jpg

      CAYHG4F0_convert_20100514224545.jpg

      CAPJ2TE6_convert_20100514224455.jpg

      CAR1CCUJ_convert_20100514224514.jpg

      CAWIN90L_convert_20100514224530.jpg

      CAEB0I9N_convert_20100514224316.jpg

      CAGF2Q1L_convert_20100514224338.jpg





      5月13日

      ヴィヴィちゃんは今日はウンチも安定して血もついてないし、
      下痢でもありませんでした。良かったです。

      レモピさんのブログのデザイン素敵になりましたね。
      初夏らしくていい感じだと思います~! (ありがと~♪ by レモピ(^^)v)

      ゆうべも、ヴィヴィちゃんは私の布団に入ってきて、
      朝までぐーぐー寝息をたてて寝ていました。

      朝、燃えるゴミの用意をしていて、
      おトイレのゴミ箱(トイレットペーパーの芯しか入っていないゴミ箱)を
      玄関に置いて用事をしていたら、
      ゴミ箱からトイレットペーパーの芯を取ってきてかじっていました。
      取り上げようとすると持ったまま走って逃げてしまいました。

      あと、なんか静かだな~と思っていたら、
      落ちていた娘の鉛筆をガジガジしていました。
      あとは、コタツの上に上がって匂いをかいでいたり・・・。
      ポニーちゃんと違って、ヴィヴィちゃんはビックリするようなことするので、
      気をつけないといけません。

      CAIDXK8T_convert_20100514224418.jpg

      CAL0NFBJ_convert_20100514224435.jpg

      CA8IH0IU_convert_20100514230829.jpg





      5月14日

      今日もヴィヴィちゃんはよく食べて、家の中探検して、健康なウンチをして、
      昼寝して、イタズラもして元気です!

      留守にしていて帰宅すると、
      ヴィヴィちゃんが先頭に立って出迎えてしっぽを振ってくれるようになりました。
      そして先頭に立てないポニーちゃんが
      いつも後ろからヴィヴィちゃんに吠えて、大合唱しています。

      今朝はコタツの上にあった娘の食べ残しの鮭フレークご飯を、
      ちょっとの隙に食べてしまっていました。
      (ヴィヴィちゃんの朝ご飯はちゃんと食べたのに・・・)
      油断してるとあぶないです。

      写真は、今日もハロゲンヒーターの前でダラ~ンとしてる二匹と、
      オヤツちょうだいヴィヴィちゃんと、オヤツちょうだいポニーちゃんです。
      かわいいでしょ~。

      また明日もメールします~。

      CA3EQ062_convert_20100514224204.jpg

      CA3Z1LSC_convert_20100514224218.jpg







      これを読んで、
      ヴィヴィが最後の試練を乗り越えて
      ゴールにたどり着くであろうことを疑う人はいませんよね(^-^)


      にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ←←← ポチっと押してやってくださいね。

      保護主と預かり主との一番の違いは
      保護犬それぞれにふさわしい里親さんを見極めること。

      もちろん保護犬と一番身近に接して、
      一番愛してくれている預かりさんの意見を尊重はしますが、
      やはり最後の決定は保護主がするしかありません。

      「このご家族で間違いないか?」「自分の目に狂いはないか?」

      毎回息苦しくなるほど考えます。

      今までの判断に間違いはなかったと信じたい。

      そして今回も間違いなかったと思っていいですよね。

      また一つ肩の荷を降ろしていいですよね…




      | 保護犬「ヴィヴィ&ルル」 | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

      ≫ EDIT

      ヴィヴィの最後の試練…【その2】



      Kさんご家族と会ってすぐに、
      農業公園の緑いっぱいの景色を楽しみながら、
      いろいろと話をしつつぞろぞろとみんなで散歩。

      IMG_7612_convert_20100510155440.jpg






      ここは以前Pままさんが送ってくれた中で
      私の一番お気に入りの写真を撮った場所。

      ちょっと前は一面の菜の花畑やったけど、

      CAIX0CN9_convert_20100315195504.jpg


      今では菜の花もすっかりとうが立ってしまってました。

      IMG_7613_convert_20100510155624.jpg



      それでもやっぱり緑はいいですね。

      みんな気持ちよさそう♪

      IMG_7624_convert_20100510160033.jpg

      IMG_7626_convert_20100510155737.jpg

      10歳のポニーちゃんも一度飼育放棄にあっています。

      4歳の時に里親募集の掲示板を見て里親になられました。



      とっても幸せそうで、
      このご家族ならヴィヴィもポニーちゃんと一緒に
      ずっとずっと大切にしてもらえるやろうなと感じました。


      写真を撮るのを忘れたんやけど、
      ポニーちゃんのバンダナには『ポニー』と名前が刺繍されていました。

      小学4年生のあかりちゃんが刺繍したんだそうです。


      あかりちゃん!
      ヴィヴィちゃんの名前もまた刺繍してやってね(^-^)




      かなり歩いてみんな疲れてきたので、
      椅子に座って休憩している時にママさんがこんなものを見せて下さいました。

      IMG_7630_convert_20100510155902.jpg



      『これからどんなふうに暮らすのか心配でしょうから』と、

      家の間取りや、

      ヴィヴィがこれからお散歩に行くであろうコースの写真、

      ポニーちゃんが普段生活している様子の写真、

      たくさんの写真に温かいコメントを添えて、
      見開きの冊子を作ってくれていたんです。




      これにはPままさんや、チロルの里親Yさんも大感激!

      Yさんなんか
      「同じ里親として意識が違い過ぎる~」と落ち込んでましたね^m^

      チロルを誰よりも愛してくれているYさんは立派な里親さんですよ(o^-')b





      立会人は3人とも「このご家族に文句なし」と意見は一致したけど、

      肝心のヴィヴィはと言うと、
      Pままさん以外眼中になしといった感じ。

      まぁ予想通りの反応でした。



      最初は何度かお見合いを繰り返して
      少しずつ警戒心を解いていこうと思ってたけど、
      ヴィヴィの性格からすると、
      誰も頼る人のいない環境のほうが早く馴染める気がしたので、
      急遽、即トライアルをしていただくことにしました。


      いったんPままさん家に戻って、
      いつものごとくPままさんのお手製料理をごちそうになりました。

      半分これが楽しみで行ってるようなものなので、
      まだ京都のKさん家にいかなあかんのに時間を気にせず
      バクバク食べてしまいました。

      この日はパンケーキと何種類ものトッピング、
      生ハムサラダにアボカドとトマトのサラダでした。


      毎回の「御車代」という名目のカンパに、
      帰りにはたくさんのフリマ用品までいただいて、
      ほんまこんなに至れり尽くせりしてもらう保護主がいてもええんやろかと
      感激を通り越して恐縮するばかりです。
      (でもまた次もごちそうになる気満々やけどね( ̄▽ ̄)V)



      満腹になった所で、Pままさん家を後にしました。

      向かうは京都のKさん家。

      少し渋滞はあったけど1時間半ほどで着きました。




      Kさんには先に出発してもらい、
      少し時間を置いてからヴィヴィを乗せてレモピ号で追いかけたけど、
      なぜか着いたのはレモピ号が先。

      なんせ大阪のドライバーやからねぇ^m^


      Kさんご家族が帰ってくるまでヴィヴィを連れて散歩してみました。



      すると、Pままさんがいた時には私には近寄りもせぇへんかったのに、
      今は私しか頼る人はいないと思ったのか、
      問題なく抱っこもできるようになりました。


      ご家族が帰ってきて、家に入ってからも
      まるでさっきまでPままさんにしていたのと同じように
      私の行くところ行くところ、ビトーっとついてきて、
      座ったら抱っこ抱っことせがんできました。



      ヴィヴィってこんな子なんですよ。


      怖くて不安で誰かにすがらずにはいられないんです。


      緊張でごはんも喉を通らへんかなと思ったけど、
      パパさんがフードにスプーン1杯の缶詰を混ぜて
      用意してくれたごはんをぺろりと食べました。

      IMG_7632_convert_20100510160121.jpg


      ヴィヴィのために用意して下さったベッド。

      IMG_7641_convert_20100510160220.jpg


      ポニーちゃん愛用のキティちゃんのベッドも
      ヴィヴィちゃんが気に入ったら使ってくれていいですよって♪

      IMG_7642_convert_20100510160300.jpg




      ヴィヴィの性格を十分理解して、
      「ヴィヴィちゃんが自分から懐いてくるまで待ちます。」と仰って下さいました。

      あかりちゃんも早くヴィヴィを抱っこしたいやろうに
      ちゃんと一定の距離を保ってくれていました。



      ビビりのヴィヴィちゃんは
      いきなりの知らない環境で今ビビってる真っ最中やと思います。


      でもこれを乗り越えた先には
      一生安心して暮らせる幸せのゴールが待っているんです。

      ビビりのヴィヴィの最後の試練です!




      帰った後、Kさんからメールが届きました。


      あのあと、レモピさんが帰られてから、
      はじめはレモピさんの姿を探してうろうろしていました。

      そして、しばらくは私のことを遠くから見張っていて、
      私の姿が見えなくなると追いかけてきて物陰からこっそり見ていました。

      夫と娘は、
      「ママのことが一番気になるんだ~」とうらやましそうでした。

      そして、そのあとで私達が食事をしている間は、
      和室にひいたPままさんがくださったパッチワークの敷物にはあまりいかず、
      リビングのエアロバイク(今は使われてなくて洋服かけになっている)と
      食器棚の隙間がヴィヴィちゃんのいちばん落ち着く場所となってしまい、
      しばらくはそこに隠れていました。

      CA8IQIAS_convert_20100510161259.jpg

      CATNR0UL_convert_20100510161433.jpg

      CAZNAPTE_convert_20100510161517.jpg


      でも食事が終わってみんなでテレビを見ていたら、
      だんだんだんだん前に出てきて、カーペットまでやってきて、
      人の動きにびくびくしながら寝ていました。

      エアロバイクと食器棚の隙間はかわいそうな気がするので、
      カーペットまで出てきてくれてよかったです。

      CAGB149L_convert_20100510161350.jpg

      CAFPQA95_convert_20100510161225.jpg


      今のところ、おトイレもぜんぜんしていません。

      夜は、このままリビングで自由にしてあげて、
      私達は二階の寝室で寝ることになると思います。







      ヴィヴィちゃんもKさんご一家も頑張ってます!


      今はトイレもちゃんとシートでしています。

      翌日の夜にはリードをつけて散歩にも行かれたそうです。



      人懐こい保護犬でも一つの家族になるまでには時間が必要です。

      ヴィヴィにはそのための時間が何倍も必要ですけど、
      必ず自分から心を開きますので、これからも気長に待ってやってください。



      にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ ←←← ポチっと押してやってくださいね。


      私のことをこれっぽちも覚えていなかったのには凹みましたけど、
      やっぱりヴィヴィは可愛い可愛い秘蔵っ子なんです(^^)

      そのヴィヴィが今一生懸命不安な気持ちと闘っています。

      あとはヴィヴィだけの問題です。

      なんとか頑張って乗り越えてほしい。


      ヴィヴィちゃん!
      幸せは自分で掴むんやで!

      ガンバレ!ガンバレ!
      ガンバレ!ガンバレ!

      ガンバレ!ヴィヴィ!!!



      | 保護犬「ヴィヴィ&ルル」 | 17:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

      | PAGE-SELECT | NEXT